元極グッズ日之本元極, 洗濯石けん, 飛騨高山

「天地屋久用(あめつちやくよう)洗濯石けん」を使ってみたら

子供の下着が真っ黒け!
汚れはよく落ちるのですが、白い下着が真っ黒になります。
特に、3歳の息子の下着(パンツやシャツ)は、黒くなってしまいます。
洗えば洗うほど 黒くなります。
これはどうしてですか? と
お若いママさんから、ご質問がありました。
さて、どうして? なのでしょうか?
************
この洗濯石けんは、
洗濯をすることで 物質的な汚れを落とす働きがあります。
さらに、三元エネルギーは 洗濯後にも繊維の中に残って、
着用している方の無形無象の邪気を 吸い出し排泄する働きをします
つまり、無形の三元エネルギーは、
洗濯した時に汚れを落とし邪気を払うだけではなく、
洗い上がった衣服にも働きかけ、
着用していることによって 邪気を吸い出し排泄する働きがあるのです。
この目には見えない邪気が、

洗濯を繰り返すたびに繊維に残るので、白い下着も汚れて黒く見えるわけです。

若いママさんは、おっしゃいます。******
家族みんなの洗濯をするのに、アレルギー体質の3歳の息子の下着だけが特別に黒いのです。

この息子は、食物アレルギーもあり、体のあちこちに湿疹もあります。
体の成長もゆっくりしていて、体調が悪いのを心配しているところです。

この息子の下着が特に汚れやすいので「どうしてなんだろう?」と 思っていました。
ようやく、納得できました。

******

目には見えない邪気の汚れは、黒っぽく感じます。
白い下着は、黒く変色し汚れを感じたら替え時だと考えて、

新しいモノに交換いただくと良いと思います。

三元エネルギーは無形ですが、
作用は強力ですので、

ご病気の方や成長する子供たちには欠かせないプレゼントになります。

日之本元極の「天地屋久用洗濯石けん」は、

物質としては普通の「石けん」ですが、

ただならぬ邪気(無形無象の悪いモノ)の排泄効果のある「洗濯石けん」なのです。

 

12字真言, 神様の言葉さとり, 修練, 日之本元極

昨日のブログを読んだ方から ご質問をいただきました。

「1日に8時間も修練をした のに どうして? この方は死んでしまったのですか?」
世の中の常識としては 当たり前のようなご質問ですが、
5月17日(日)階ヒト4次元講座に参加された皆さんの前で
このことをお話しした時には、どなたも 深くうなずくばかりで
「肉体が死を迎えること」「天に召されること」の意味を
深く悟ってくださっているご様子でした。
私は「どうして死んだの?」という質問の代わりに 
「どうして神上がったのですか?」と神に質問してみました。
すると 神様は応えておっしゃいました。
「彼女はいつも 無心でした。」
不安も無く 欲も無く 恐怖も無く 心配さえ無い心構えでした。
愚痴も言わず 人を憎まず ひたすら感謝して過ごせました。
元気を失わず 明るく過ごすことに心がけました。
死を目前にして このように振る舞える人は多くはいません。
嘆いたり、悲しんだり、過去を振り返ったり、
生きていた証拠を残そうと躍起になったり、忘れないでと懇願したり
人はそれぞれ、のたうち回るような苦しみを死の淵で味わうのです。
録音教材を使って 修練をすることが許されなくなっても 焦ること無く
12字真言を唱えることを忘れず 「無心」で過ごすことが出来ました。

無理解な家族のことも 憎むどころか 気遣って感謝していました。

修練が出来た時には
1日8時間の修練時間を 何とか創り出そうと 懸命に努力しました。
けれど、家事もこなして おいしい食事も作りました。
単純な生活の中でも 時間を楽しむことも工夫していました。
「1日に6時間しか修練が出来ない。」と正直に答えて笑っていました。

「修練をしていると忙しくて、悩んでいる暇が無いの!」と 忙しさを生きがいにしていました。

体に障害を抱えていたから 特別のことをしなくても

日常の中で楽しむ工夫が出来ていたのでしょう。

特別に、大層なことが出来たわけではない人生のように見えて
人として、充実した人生だったと思います。
彼女は、与えられたチャンス(日之本元極の修練をする機会)をしっかりと受け取って 無心に、とんでもない努力ができたのですから 神上がりました。

 

つづく

 

さとりの法 , 神様の言葉さとり, 天の声, 日之本元極

5月17日の朝 9時頃に

前日の16日に、お亡くなりになったHさんから 言葉が降ろされました。

率直な言葉を聞いているうちに Hさんの満面の笑顔が見えて

そのうち 元極音楽まで聞こえてきました。

Hさんにいつ電話をしても 修練用の音楽がバックに聞こえていました。

ここからは、Hさんの言葉のままをご紹介します。

これまでは、

降ろされた言葉を そのままご紹介することはありませんでしたけれど 

「これからは次々に 良い出来事が起こりますよ。」と天から降ろされましたので 

皆様方にも 「ハシゴ」を登っていただくためにも ご紹介することになりました。

************    

Hさんの言葉

私は、ただただ、もう少し生きたい、生きていたいという思いだけで、修練を続けてきました。
一日に8時間続けても、講座を受講しても、気絶神倉法の施術を受け続けても、私の病状は悪くなるばかりで一向に回復しませんでした。

こんなことを続けていていいのだろうか? と不安に思った頃に増田先生からお話がありました。
「もうこれ以上は回復しません」「肉体の命は諦めなさい」
と言われました。

さらに、続けて諭すようにお話しくださったことは
「肉体の命は、もうこれ以上生き続けることは出来なくても、
 あなたの意識は生き残って神界へ行ける可能性があるから、修練をしっかり頑張りなさい」と 言われました。

このお話を聞いた時から
不安なことも 困難なことも苦しいことも 体の痛みも これを我慢すれば、次の世に生き残って
次の世を観ることが出来る。という思いで
「修練を頑張ろう!」と 思うことが許されました。

ただ一つ、心残りなのは
家で過ごしたい。家で死にたいと思っていたことですけれど
これは、長年一緒に暮らした家族の不安を思えば、到底出来ないことだと気がつきました。

「私を看取ってくれる」長年ともに過ごした家族たちを不安にさせてはいけない。という思いから
病院で最後を迎えることを余儀なくされたものの満足して、最後の時を迎えることになりました。

体が辛くて仕方がないので、早く逝きたい。
でも、もうちょっと 生きていたい。
そんな、思いと戦いながら、朦朧とした意識の中で 神様のお迎えを待っていました。

いつも 和やかな音楽が聞こえるので 私は、夢の中にいるような気持ちでした。

痛いところもあったし、不愉快なこともあったし、いらだつこともありました。けれども それはそれとして

もっと他の気持ちが 私の中にはいっぱいあって、穏やかに時間を過ごすことができました。もうこれ以上、悩んだり 不安になったり 恐怖を感じたりする必要はない。

悟った気持ちがあって、
楽々とした最後を迎えることが出来ましたこと、嬉しい限りです。

最後に、皆様とお供させていただいた 日之本元極の研修旅行「出雲への旅行」(3月27~29日)では
大変お世話になり、ご迷惑をおかけしたことと思います。
けれど、私にとっては「冥土の土産」という言葉が ぴったりなほど、
この旅行は楽しくて、嬉しくて喜びがいっぱいの旅になりました。

もう二度とは 叶わないであろうと、思っていた 喜びに満ちたこの時間を皆さんと
ご一緒に過ごせましたこと 大変ありがたく思っております。

それにしましても
私を最後まで 看取っていただきましたRさんには
本当に強い愛情をかけていただきまして、お礼の言葉もありません。

あなたが、何のためらいもなく 私の手を取って一緒に歩いてくださいましたこと
体を抱えてサポートしてくださったこと 本当にありがたく思っています

この感謝の気持ちは、きっと神様に届いて あなたの今後に役立つことだけを願っています。

さて、みなさん、私は
こうして みなさんとお話を続けることが出来る立場に来させていただきました。
私は 皆さんがこのはしごを伝って、この世界に来てくださいますこと願いながら待っています。

私のような未熟なモノでも 短い期間でしたけれど、懸命に修練したことによって
この「ハシゴ」を登らせていただきました

どうか、みなさんも 修練を続けることによって
この「ハシゴ」を 上ってきてください。

お待ちしています。

つづく

 

12字真言, 日之本元極日之本元極, 言霊

高山市に、はじめて修練舎が設置されたのは

高山市下岡本町(通称:中山)の 小高い丘

平成16年10月24日 古い住宅を改装して「日之本元極」が誕生しました。

平成16年4月に導かれて参拝に行った「乗鞍神社」で出会った

七福神の神様をお祭りされている施設のご主人と

ご縁をいただいたことがきっかけとなり、中山の地に修練舎を構えたのです。

すべては、天の導きによって、叶えられた日之本元極のスタートです。

スタートしてから、まもなくのこと

この修練舎に小学校1年生の男の子が 

リュウマチを患うお母さんと訪ねてきました。

細川先生!と 私の名前を呼んで 話してくれたことは ****

これから、僕が石を見つけます。

この石は、12字真言の神様が 宇宙から降りてきて

その中に 宿ってくださる 大事な石です。

この石はきれいに洗って 清めてください。

と言いながら、中山の修練舎の広い庭を歩き 握りこぶし大の石ころを 12ヶ拾ってくれました。

その後、12ヶの石を きれいな円形にならべて 私はその中央に座りました。

「12字真言を宇宙に届けるように 響かせて唱えました。」

小学1年生の彼が、私に指示してくれた通りに唱えたのです。

12ヶの石は 光り輝き エネルギーであふれて 温かさが周囲にも拡がりました。

この石は、神様が降臨してくださった大事な石でしたから、

しばらくは神棚に飾っていました。

小学1年生の彼は、私に話し続けてくれました。

神様から降ろされる言葉を受け取りながら 

言霊の力を放った口調で 

ゆっくりとこんな話をしてくれました。

**********

地球の周りには、神の世界があります。

太陽も月も 同じように神様の存在です。

それら、神の存在のすべては「日之本元極」を応援しています。

だから、どんなことがあっても 信じて疑わずに前に進んでください。

必ず、この日之本元極は大きく発展して 世界の中で活用する組織になります。

どうしてかというと 神々が応援している組織だからです

「12字真言」は応援してくださる 次元の高い神様の存在だからです。

**********

 

 

 

12字真言

日之本元極では、

修練をする時に「12字真言」を唱えます。

修練をする時だけでは無く、1日24時間 何をする時でも

この「12字真言」を唱えなさい。と 教科書にも書かれていますし

増田先生も 常々 くどいほどおっしゃています。

教科書の中には

「錬功中のみでは無く 

 日常生活の中でも常に黙念することにより

 体調のみならず気質や品格まで変化します。」と 書かれています。

ある、修練者はすでに60歳を過ぎてから 修練を始めたのですが

喘息の持病があり、いつも散歩に出かける神社の 階段を昇ったことは

これまでに 一度も無かったそうです。

階段の下から階段を見上げて 私には無理 無理 と

あきらめていたそうなのですが

日之本元極の講座を受講してからは、何となく

気持ちが前向きになって 体調も良くて やる気も出てきたので

これまでは、あきらめていた神社の階段を昇ってみたそうです。

12字真言を唱えながら、ゆっくりゆっくり 

一度も昇ったことのない 階段を昇ってみたら

息も上がらず、鼓動も苦しくは無く 気分は爽快で

汗は出たけれども 疲れは無くて

「とても嬉しくて 充実した気持ちだった」と

はじけるような笑顔で お話くださったことがありました。

喘息の発作は、

それはそれは苦しくて 二度と体験したくない

幼い頃からの外傷体験だったのだそうです。

だから、目の前にある「階段を昇る挑戦」を 

一度も してみたことも無かったのだけれど

挑戦してみて 体験して ゆっくり昇ったら 

「気分が良かった」と おっしゃるのです。

まさに 12字真言の黙念を 続けることは

「体調だけでは無く 気質や品格も変化する」 

ということです。

皆さんも 続けてくださいね。 12字真言の黙念を!

ム ヒト フタ ミ ヨ イツ ムユ ナナ ヤ ココ タリ ウ

 

 

12字真言, 受講生との会話, 気絶神倉法

一ヶ月ほど前のこと

ご家族で修練をなさっている Aさんから、

お知り合いの方を ご紹介いただきました。

大変重篤な病状のため 生命に関わる危機の時だったそうです。

千キロほども離れた 病院に入院されているMさんに

増田先生によって「気絶神倉法」(遠隔施術)の施術が開始されました。

とても緊急度が高くて、難しい病状だったことから 

増田先生から私に 珍しい指示がありました。

【「12字真言」を唱えるように伝えて! 】

ご本人が入院されている病院は、

コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、面会が禁止されていました。

唯一、携帯電話での会話が許可されているとのことで

奥様から ご本人のMさんに 伝言していただくという方法で

「12字真言」の唱え方 響きを携帯電話を片手に

発声しながらお知らせしました。

入門講座を受講していない方に、

「12字真言」の重要な意味が伝わるのだろうか?

この響きの深い意味が伝わるのだろうか?

とも思いましたけれど「命の危機が迫っている」こともあり

「諦めないで!唱え続けてください。」と 伝言したんです。

それから、早くも一ヶ月が過ぎた 本日

優しくておっとりとした声の 奥様から連絡をいただきました。

ご主人は、安心できない緊張状態は続いているものの

立ち上がるリハビリを始めるほどに 回復しつつあること

気持ちはとても前向きで「きっと治るから大丈夫だよ」と 

大きな声ではっきりと ご本人がおっしゃっていること

周りの環境も退院に向けて整い始めていること等など

嬉しそうに伝えていただきました。 さらに…… 

ここからは 奥様からお話しいただいた要旨です

***************

12字真言を自宅の仏壇の前で 唱えましたら

「宇宙と繋がった!」と 思う瞬間がありました。

これまでにも お経等を唱えることを 長くしてきましたが

これほど 響きを実感できて 宇宙と繋がって唱えることが出来る

「真言」に出会えたことに、驚きながら感謝しています。

この12字真言は、簡単で誰にでも唱えることが出来て

それでいて 奥が深くて、宇宙の中にいる自分の存在を実感できる言葉です。

私は、これまで お経などを唱えることで 

家族が 良いところに行けることを願ってきました。

この12字真言

「ム ヒト フタ ミ ヨ イツ ムユ ナナ ヤ ココ タリ ウ 」

そういう願いを叶えてくれる真言だと感じます。

これまでの どんな「お唱え」よりも 

気持ちが安らぎます。それでいて力強くて

後悔すること無く、前向きに進んでいく

明るい希望のエネルギーがあります。

宇宙に繋がって 唱えている感じがします。

すばらしい真言を 教えていただいてありがとうございます。

日之本元極とご縁をいただいたことで、時間が早く流れます

時の流れが、どんどん 良い方向に流れていることが

不思議で不思議でたまりません。

今後とも よろしくお願いします。

高山に行けるように 気持ちをしっかりと持って、

12字真言の「お唱え」をがんばります。

 

 

 

 

 

神様の言葉

先日のこと 再び天の神様から 言葉が降ろされました。

以下、ご紹介します。*******

神界では、すでに「とし」が様変わりしています。

この様変わりが、顕界にとっていつになるのか?

それはそれとして、早く皆さんに伝えてください。

早く大事な人に 東京から高山に来るように伝えておきなさい。

都会から 高山に来るように伝えなさい。

都市が消えて無くなります。

「としのぶ」は消えて無くなります。

その前に、高山にいらっしゃい。

その前に「としのぶ」から一刻も早く移りなさい。

縁のある人たちに伝えなさい。

信じてもらえる人たちだけに 伝えなさい。

 

神様の言葉日之本元極, 特別講座, 飛騨高山

立夏特別講座が無事に終わりました。

なんと、4月29日から5月6日までの長~い日程でした。

その間に 遠くからも 高山の方々も

大勢の方が 来てくださいました。

東京や大阪からも 複数の方々がおいでくださいました。

そこで私は、皆さんにお伝えしたのです。

「そろそろ、高山においでになってはいかがですか?」

すると、皆さん口をそろえて「そうですねぇ~」

と 同意するような返事をなさいます。

けれども その心情は「わかりました」ではありません。

その気持ちは、痛いほどわかっているので、

あえて曖昧に「そうですねぇ~」でお互いに済ませているのです。

なのに、神様はおっしゃいました。

「もう一度、あなたは同じ言葉を伝えなさい。」

「そろそろ、高山に来てはいかがですか?と声をかけなさい。」

そうおっしゃるのです。

そこで、私は 再び、三度 声をかけました

「そろそろ、高山に来てはいかがですか?」 と

すると 「はい、わかりました。」

返事をされた方もおられました。

ブログを読んでくださる方々へも 再度 お伝えします

「もう、そろそろ 高山に来てはいかがですか?」

 

 

はな さとり, さとり さとりの法, 増田先生, 日之本元極, 気功教室

昨年のこと

増田先生が満開に咲いたを観て おっしゃった言葉は

今年の桜は ちっともきれいじゃないね😞」でした。

桜の花を見て「きれいだなぁ~」と 感じていた私は

「えぇ~!どうして?🌸」と驚きました。

「だって、ほら~ ちっともきれいじゃないよね。」と

増田先生は 繰り返しておっしゃいました。

「その気持ちが分からない!」と 私は思っていたのです。

ところが今年のこと 

私にも同じ心境の変化が起こりました。

沿道に満開に咲く 桜の花を見て

「ちっとも きれいじゃない。😆」と ふと思ったのです。

春の訪れを知らせる 桜の花は 明るい光を含ませて

キラキラ輝いて見えていたのです。 昨年までは!

ところが どうしたことか?

今年は、少しも嬉しくもなく、

きれいでもなく わくわくもしない

これは、コロナウイルスの感染拡大による

緊急事態だから、自粛生活の気持ちの落ち込みかな? と

そのわけを探ってみていますが、

なぜだか分かりません。

とにかく、桜の花は きれいではなく

艶やかさもなく

ただただ、ピンクの花を満開に咲かせた桜の花の 

実際の景色だけが 眼に入ってくる印象です。

桜の花がきれいではないのは、どうしてなんだろうか?」という

疑問を保留したまま

立夏特別講座 5月1日に 日之本元極の増田先生の

「さとりの法」「さとりののりあいぶね」の講座を受講していて

無形の世界の意識が生まれ変わる 場所である「はな」

無くなったと 教えていただきました。

もう、我々の意識は輪廻転生することさえ許されずに

このまま、消滅するか 次の世に生き残るかの

瀬戸際にきていて、

すでに選択肢はほとんどないそうなのです。

我々は、努力して世の中のために 人のために

命を燃やして生きなければ、次の世には残れない「時」を迎えた。 と

そうか!

無形の世界の「はな」が消滅したので 

桜の花も輝きを失ったのか?」

無形の世界の「はな」

有形の地球上の桜の「はな」とは 連動していて

美しさも失われてしまったんだ! と 思いつきました。

本当の原因は何なのか? 未だにわかりませんが

沿道を埋め尽くすほどの 桜の花びらを見つけても

わくわくするような 躍動する喜びは 消えてしまいました

残念

 

 

 

 

 

日之本元極元極功法 日之本元極

一昨日のこと

増田先生から、張志詳先生が1987年に公開された

「中国元極功法」の功訣を増田先生から

「伝訣」という元極特有の方法で

その真髄を授けていただきました。

私は、2002年から中国元極功法を学び始めたので

中国元極功法の功訣は、覚えていたはずでした。

長い漢字ばかりの功訣ですが、しっかりと覚えて

毎日毎日繰り返していたはず! でした。

ところが、一昨日 驚くことに

プリントされた 漢字で書かれた功訣の

読み方をすでに 忘れていて覚えていませんでした。

あんなに、スラスラと唱えていた功訣を

すっかりと 忘れていて 読み方も分からないほどなのです。

頭の老化は まさに 始まっていたのです。

ショック 😂

ところが ところが

昨日の早朝の静功会を担当したときに

いつものように 念訣を開始したところ

いつも湧き出てくる 12字真言

ム ヒト フタ ミ ヨ イツ ムユ ナナ ヤ ココ タリ ウ

ではなく

増田先生が一昨日 伝訣して 渡してくださった

中国の元極功法の功訣が 体から 湧き出るように

念訣となって 湧き上がってきたのです。

一次元の下丹田の功訣

2二次元の尾呂関の功訣

3次元の下黄庭の功訣

アン チン ミー ピー ジー パー ヤー イン ホァ ディン

自分でも すでにすっかりと 忘れてしまって

思い出すことも出来なかった 功訣が

頭に浮かぶというレベルではなく

はっきりと 唱えることが出来るほど鮮明に

沸いて出てくる ことに びっくり仰天!驚きました

増田先生の伝訣の力は すごいです。

さらに

日之本元極は 中国元極功法を引き継いで

進化 発展させた功法なんだ と

驚きながら 納得しました。