「神鳳遊歩功」は どこでも修練が出来ます。

日之本元極, 歩法修練

新しくなった録音教材の「神鳳遊歩功」を使って

1時間ほど歩いています。

身体がエネルギーになれてきたのか?
私の身体が、変化してきたのか?

好転反応のような さまざまな 不快な反応は出てこなくなりました。

「気持ちよかった!」そんな 爽快感が残ります。
「できる限り歩いて修練を増やそう」という前むきな気持ちも沸いてきます。
はじめて新しい録音教材を使って修練をしたときに体験した、

疲れ果てて寝てしまったような好転反応は、どこかに消えてしまいました。

そういえば 初回の修練の時に
「30分歩いて疲れて寝てしまった。」という話を

ベテランの修練者にしたら、

それは、修練を30分で止めてしまったから、疲れたのよ!
歩法は2時間歩くと、大体の好転反応は収まって、
歩いて疲れるような感覚もなくなって
身体がエネルギーで満たされて 
ルンルンな気分になって
身体は、もっともっと元気になるからね。

2時間ほど、歩くのが一番いいのよ!

と 教えてくださいました。
私は2時間は歩けないのだけれど、
毎日30分以上は歩きたい。と思っています。

そんな 話を聞いていた修練者が、質問をしてきました。

「こんなに寒い高山の街で、歩ける場所なんて無いですよねぇ~~」と

すかさず、ベテラン修練者のNさんが応えて話してくださいました。

「歩法」は、どこでも歩いていいのだから、
ショッピングサセンターとか、スーパーとか、
換気を良くした家の中でも、意念を持って歩けばいいのよ。

と アドバイスをしてくださったのです。

「へぇ~ そんなこと はじめて聞いた!」
「知らなかった!」

と、びっくりしていました。

ここで、増田先生の一言

歩法はどこでも、修練が出来るように創っています
ですから、どんなところでも 歩いてもかまいません。
寝たきりの方でも 歩く意念をもって、
録音教材を聞いても効力が届きます。
とにもかくにも 修練をすることから、すべてが始まります。