12字真言, 静功日之本元極

12月21日 高山市本宮修練舎
冬至講座にて公開された「静功の要諦」は

それはそれは、大層な力を授ける講座でした。

「心身共鳴静功法」と唱えると
これまでの静功とは、全く異なり
竅穴に 心が強制的に定まってきます。

(講座を受講した方だけに力が渡されます)

雑念の多い 私の修練でも
何かしらの力が働いて 
念訣の「音」の響きが 
竅穴に響き渡り

全身に拡がって 

まるで 宇宙にまでも届いているような

「畏怖の念」がこみ上げてきます。

この講座を受講した方々の すべてが
この力を受け取れたかどうかを

増田先生が 神様に問われると

「約2割」と お応えになったそうです。

つまり、この壮大な「心身共鳴静功法」の力は
お金で買えるような モノではなく
講座を受講すれば 与えられるモノでもなく

求めれば 与えられるモノでもなく

天命に沿った生き方の その結果によって
与えられるモノのようです。

与えられるためには、もちろん 努力も必要です

今回は、月曜日の講座にもかかわらず
チャンスを逃がしてはならない と
仕事を休み 時間を作り出した方々
東京や 京都 九州から
わざわざ時間を作り 金銭を費やして 

参加くださった方々がおられました。

努力する姿勢もまた 天命を受け取って生きる 
人それぞれの 生き方だと思います。

「心身共鳴静功法」と 心を込めて念訣をします。

「大切な言葉なので
上丹田にいつも置いて 静功をしています。」と

ある修練者から、メールが届きました。

上丹田は、極めて敏感な竅穴ですから

ここに「言葉」を置いたり 念訣したりしてはいけません。

このことは、とても

大事なことなので、皆さんにもお知らせします。

さらに、付け加えてご案内します。

この重要な講座は、階ムの段階の方でも
階ヒトの静功を受講していない方でも
まだ、入門講座を受講していない方々でも

受講されることは 可能です。

受講は禁止していませんので、
どなたが「受講」いただいても構いません。
(重要な「力」が渡されるかどうか?

 ご本人が受け取れるかどうかは もちろん不明です。)

今後の講座の開催は 未定です。 ぜひとも
東京講座での 受講をお勧めします。

日之本元極, 静功修練, 増田先生

昨日 冬至講座「静功の要諦」が公開されました。
講座が終わるやいなや 
増田先生が一言 例によって冗談のように つぶやかれたのです。

「講座の値段が安すぎたなぁ~」と

お得なセール価格が 好きな私でさえ
「ここまで話すんですか?」という程 
これまでの秘密だった内容が てんこ盛りだったので

「私も安すぎると思いました。」と つぶやいて応えました。

講座は、今後 開催の予定が不透明です。
東京では開催が決まっていますが、さてさて、

今後の公開が許されるかどうか? 分からない現状です。

「静功の要諦」 すごい講座です。
皆さん! 東京講座でも開催されます。

無理をして 受講ください。

さっそく、修練者の Hさんより 講座の感想をいただきました。

ご紹介します。

*************

今日の講座の感想を お伝えしたいと思い、ペンをとりました。

これまでに「階ミ」まで受講させていただいたものの、
静功のやり方が 今一つ理解できておらず、
上手くできないと”悶々”としていたところに、

今回の講座の案内がありました。

静功は、
段階が上がった者は、
ますます エネルギーをたくさん必要とするので 修練量が大事です、

と言われ、向かうのですが、全くポイントがわからずにいました。

今回の講座でわかったのは、
○心を竅穴に置くということ
○念訣を身体中さらに宇宙(神界)にまで響かせること
○提肛のコツ

です。

やっとで、上記の3点の意味が、腑に落ちました。
が、自分でやると、増田先生ほどの響きは無いので、

これからの修練だなぁ・・と思いました。

増田先生が1回目にお手本を見せてくださった時は、

光が見えて、十二字真言が聞こえました。

2回目のお手本の時は、
なぜか、目が痛くて開けていられませんでした。

もしかして、この時 渡してくださっていたのでしょうか?

神様が納得できる受け取り方をした 
2割に入っていたかどうかは、わかりませんが、
自分なりに今回はとても貴重な時間でした。

元極グッズ気のエネルギー

日之本元極の「屋久用リップクリーム」は
乾燥した皮膚に作用して 

皮膚を やさしく守ってくれる働きがあります。

私は
目の下のクマにぬると 皮膚のたるみが和らぐし
鼻の下の「人中」に塗ると 刺激が身体に作用してか
気持ちシャキ! とします。

鼻筋にも塗ると 鼻が高くなったような 錯覚を感じます。

頬にある シミにも
しわの多い目尻にも 口の周りの縦皺にも塗っています。
年齢が隠せないほど シワがあってたるんでいる
首筋にも 塗っておきます。
こうして 私にとって 大活躍のリップクリームなのですが
先日のこと 増田先生から 
「軽石を買ってきて欲しい」と頼まれました。

踵がジャリジャリと荒れているので、こすってきれいにするためだそうです。

「踵にリップクリームを塗っても荒れますか?」と お尋ねしたら
「唇に塗るモノを 踵に塗れるか!」と お叱りを受けました。
それでも、自分の口だし、自分の踵だし 「大丈夫ですよ!」と

応えて踵にリップクリームを タップリと塗っていただきました。

すると 翌日のこと
「踵がツルツルしている。こんな使い方があったのか!」と
おっしゃったのです。さらに、
「あなたが、もっと使い方を発信しないからだよ。」 と

いつも通りに 叱られました。

みなさん! 日之本元極の屋久用リップクリームは
いろんな場面で活躍する 優れものです。
皮膚の乾燥 荒れ シワ シミ タルミ 角質 などなど

どんな場面でも 活躍します。

あきらめないで! 使ってみてください

 

お願いします。

元極グッズ, 日之本元極気のエネルギー

修練者のAさんから、楽しいお便りをいただきました。
「メジロ」とAさんとの ほのぼのとした交流が素敵です。
さてさて? 
「メジロは助けてもらった恩を返すのでしょうか?」
ご紹介します。
**********
我が家のリビングの窓は、
テラスに面していて、大きめのはめこみのガラスとサッシがあり

時々、小鳥がガラスに激突したりしていました。

テラスの窓際には
大きめのプランターを(土を養生させる目的で)置いています。
その土の上に、ネットを被せていたのです。
今朝、テラスを眺めていたら、
プランターのネットの上に メジロが横たわって、
じっとしているのを見つけました。

ちょうど、ネットをハンモック代わりに横たわっている!かのような感じでした。

羽を休めるなら、テラスにある木々を止まり木にするだろうに
運悪くガラスに当たってしまって、
たまたまあったプランターの 

そのネットに落ちたのか? と思いました。

傍にいたいた主人と、
「可哀想にねぇ~~」と言いながら
一緒によくよく見ると、息はしているようでした。
そこで、

思い立って 先天三元周身法を聴かせてみました。
メジロは、すぐに目を パッチリとあけました。

そのまま様子を見ていて
「帯功をしてあげたら飛び立てるかな?」と思ったその瞬間に
すぐさま 飛び立って行ってしまいました。
CDプレイヤーを見たら、先天三元身法の元極音楽を

再生してから わずか8分ちょっと経過していただけでした。
もう感激! 嬉しくなって 思わず拍手してしまいました。

きっと、元極音楽を聴いて、三元エネルギーを補給できたので

「メジロ」さんは、飛び立つことが出来るようになったのだと思います。

「メジロさん、元気で過ごしてね〜」
今日は 朝から、元極音楽のパワーの凄さを知る事が出来て
感謝の思いが こみ上げてきて、とても幸せです。

こんなこと! 本当に あるんですね。

絶対に、たまたま、、や、偶然ではない‼️
目には見えない 元極音楽のエネルギー、

「メジロ」さんの姿を通して 実際に見させていただきました。
本当にありがたい我が家の事件です。

*****

ババタヌキが 修練者のAさんに 聞きました。

ところで、そのメジロさんは、恩返しをしましたか?
「いえいえ メジロはフンを残して 立ち去ってからは帰っては来ません。」
とのことでした。
そこで、増田先生の一言
「うぅ~ん メジロのフン返しだったのか?」

日之本元極, 未分類元極功法, 特別講座

小雪特別講座の3日目は、
「階フタ画訣講座」が開催されています。
これまでにも「画訣講座」は何度も受講してきたので

私は、安心して受講せずにサボっていました。

休憩時間になって
講座の部屋をのぞいてみて「ビックリ!」しました
ホワイトボードに、書かれている文字が

「カタカナ」なのです。

念訣が、「ひらがな」から「カタカナ」に変更されたのですから
画訣講座で、身体の中に念訣の力で描いていく文字は

「カタカナ」に変更されていたのです。

「えぇ~ カタカナの12字真言を 書くのですか?」と

思わず声が出ました。すると さも当たり前のように

「カタカナだよ!」「カタカナに変わったからね!」と
増田先生が「当然だよ!」という思いを込めて

応えておっしゃいました。

さらに

「今更 何を言っているんだ!」というお叱りの意識も受け取りました。

念訣が「ひらがな」から「カタカナ」に変更になったので
録音教材も 次々に変更されているのですから
画訣講座の内容も 「カタカナ」に変更されるのは

当然と言えば 当然の変更ですが

私の頭が、この大きくて画期的な変更について行けずに
思考が停止していたのです。
なんと、ナント! 「ぼんやりしているんだ」と

自分を戒めました。

同時に
「画訣講座がカタカナに変わったから 次回のチャンスには、必ず受講しなくっちゃね。」と
周りにいたベテランの修練者に 伝えたら
「そりゃ~知らんかった。受けんと!だめやわなぁ~」
という反応があったので

変化についていけないのは、私だけでは無かったんだと 安心しました。😅

「画訣講座」を受講すると 貫頂が出来るようになります。

階フタ「画訣講座」を受講すると「元気と元光」による「貫頂」が出来るようになります。

講座を受けて修練をすれば
自分から、「気のエネルギー」を発することが出来るようになることが

元極功法の偉大なところです。

何事も修練を地道に 努力して繰り返すことから
道が開かれていきます。

 

日之本元極修練, 気のエネルギー

先日のこと 本宮修練舎に、
10年ぶりぐらいに 貫頂を受けに来てくださった

高校生の修練者がいます。

本宮修練舎の 錬功会に参加している
当時と変わらぬ修練者の 様子を見て

こんな印象を 持ってくださったそうです。

「Sさんも Mさんも 私が小さかった時に
出会った時よりも 

「もっと きれいになった😃」 と

10年一昔といいますけれど、10年の年月を経れば
ヒトは、例外なく老いて 
「きれい!」とはいえないような状態に

誰しもがなってしまう はず! ですが

幼い時の印象よりも
「もっと きれいになった!」ということは
Sさんや Mさんの  
修練を継続している たゆまぬ努力が

実を結んだということでしょう。

「元気・元光・元音」(三元エネルギー)の成果によって
光り輝くような 修練者の姿が 
「前よりも もっときれい!になった」
という印象を 鋭い「直感力」によって
受け取ってくださったのでしょう。

 

ところで、
私は、やっぱり老化したように 見えたのかな?
仕方ないけれど…… 😅

 

日之本元極飛騨高山

功法「清昇濁降」は、
むち打ち症の方の 症状を治すために創られました。
四つ角の交差点で、出会い頭に衝突して
思いがけない交通事故に出会った Aさんは

「むちうち症」と診断されました。

病院では、検査の結果「骨には異常がありません」
様々な不定愁訴は「精神的なもの」と診断を受けて

処方されたのは「精神安定剤」と「睡眠薬」

それでもなお、
首や肩の痛み、頭痛、右目が下がっている感じ がなんとも不快なので

紹介されて、日之本元極に来られた Aさんは

折り紙の端がきれいに整わない
黒板に書いた文字が、右下がりになる
元気が出ない。いつも頭が重たい

という症状を訴えました。

そこで、Aさんの無形の身体に心を置いて 
背骨などを観察すると
頸椎が、らせん状に回転するように曲がっています。

さらに、自覚症状がある右目の方が、下に下がっている感じがしました。

「髄液が漏れています」と天の声が聞こえたので
探ってみると、脊髄液を包んでいる膜に小さな穴がありました。
ここから、ほんの少しずつ、脊髄液が漏れているようなのです。

「脊髄液減少症」とは、こういう状態なのだということが分かりました。

増田先生によって
髄液が漏れている部分を 気のエネルギーで繕っていただき
後に残ったのは、首の骨のねじれです。
この骨のねじれは、すぐに元通りにすることが難しかったので

新しく創作された功法が「清昇濁降」なのです。

その後、大分県の宇佐神宮の 払いどころの神様から
邪気を祓う力をいただいたことで、
さらに 効力があがり エネルギーの作用が強力になり

最初は30分だった修練時間は 8分に短縮されて創り直されたのです。

今後「カタカナバージョン」が、公開されると
さらに、効力はあがって

とんでもない力をもった 功法に変わっていきます。

むち打ち症の方も
背骨の曲がっている方も 側湾症の方も
顎関節症の方も 
どなたもが 効果を受け取ることが出来る功法です。
講座を受けて、修練をすれば!です。
修練の継続によって、効力は上積みされていきます。

12字真言修練, 元極功法

先日のこと
録音教材「智恵の脳天法起術」を使って

帯功をしました。

「自律神経失調証」と診断されている方でした。
帯功が あと5分で終わろうとした時に
過呼吸発作が起きて、とても苦しそうでした
手の指もCO2が過多になって しびれが出ているようで

指先も変形し始めた時に

収功の時が来たので、いつも通りに下丹田に納めてもらいました。
「収功します。」と私が発声した時に、

過呼吸の発作はすべて治まり、静かで深い呼吸に変わりました。

「自律神経失調症」と診断されていても
帯功を静かに受けて、

安静にしているときに過呼吸発作が起きても

「収功します。」の一言で、発作が治まるのですから

元極功法は、素晴らしい功法だと思います。

たとえ、病院では治らないと診断された「病」でも
修練を懸命にすれば、一生懸命さに応えて

結果が届くのだと思います。

自律神経が勝手に働いて 
夜中でも交感神経が 優位に働いて
ドキドキする事があっても
12字真言を唱えて 修練をするならば

回復する可能性が あることが分かりました。

修練をしましょう。
少々、無理をして、懸命に努力してみましょう。

きっと、結果が届きます。

頑張りましょうね。

気絶神倉法修練, 増田先生, 邪気

修練者のYさんから、高齢のお父様の変化について

お便りをいただきましたので、ご紹介します。

***************

実家の両親は、高齢ながら夫婦二人で

助け合って、元気に生活しています。

特に、父親は90歳を超えても 視力も良くて
頑固ながら気力もあり、車の運転を続けています。
大きな事故は 今のところないのですが、
交通事故のことが、心配で仕方が無いので
「運転を止めるように」と説得をしても

絶対に止めようとしません。

そこで、何かよい方法はないものかと思い

増田先生にご相談をしたところ

家の場を良くする「場作りセット」を設置することと
「気絶神倉法」を実施して、頑固な心をほぐしてみてはどうでしょう?

と ご提案くださいました。

これまでにも、増田先生から、
ご提案いただいたことを 信じてその通りに実施してみると
思った通りの 良い結果となったことが多々ありましたので
すぐに「場創リセット」の設置をして

「気絶神倉法」を父親にお願いしたのです。

ところが、父親の頑固さもたいしたモノで
すぐには 運転を止めるようにはならず

しばらくは、もやもやと我慢の日々が続きました。

施術開始から 一ヶ月ほどたった 先日のこと

びっくりするような 出来事が起きたのです。

40年ほどもの間、想い出のカケラ(衣類や趣味のものなど)を
大事に大事に仕舞いこんで 何一つ処分できなくて
物置と化して ゴミ置き場のようになっていた部屋を 

父親がきれいにかたづけてくれたのです。

おまけに、ホコリがたまり、汚れがたまりに溜まっていた
部屋の隅々まで きれいに掃除されています。
窓ガラスも きれいに磨いて、カーテンまでも!
新しいモノに変えてありました。
(ちょっと趣味は違うのですけれど……<(_ _)>)
これまでにも、何度も何度も 処分したいと伝えたにもかかわらず
頑固な気持ちは、かたくなに動かなかったのです。
「生きているうちは無理無理!」と諦めていたのです。

本当に、びっくりしました。不思議で 不思議で仕方がありません。

増田先生が、おっしゃっていた「心をほぐす施術」(気絶神倉法)は
古いモノへの執着を捨てるために「心」をほぐす 

長年の垢を捨て去るように「心」をほぐす 施術だったと納得しました。

日之本元極の功法は
人の身体が、変化して元気になっていく功法だということは
私自身の体験として 身をもって体感していることですが
人の「心」も変えることができる功法なんだ 
ということも分かりました。
今日も 階ヒト動功「めぐりみ・めぐりき」の修練をしたところ
途中で、身体がド~ンと重たくなって
「もう止めたい」「早く終わりたい」という
気持ちに捕らわれたのですが、
修練が終わってみると スッキリと爽快 さわやかな気分になります。
その結果 何に対しても「頑張ろう」という 

前向きなやる気が出てきます。

本当に 不思議な変化が 私にも家族にも起きています。
理解できないことだらけですが、
これからも 修練を続けていこうと思っています。

 

ブログ修練

毎月1回、定期的に打ち合わせをしている方がいます。
仕事を手伝ってくださっている Mさんです。
するどい観察力のMさんは、

1ヶ月ぶりに出会った先日のこと

「あれ?なんだか 変わりましたよね?」
「どうしたんですか?」と質問が飛びました。
私はすかさず、
「きれいになったでしょ!」と 同意を求めたのですが
彼は、笑うばかりで、その話題には触れずに

「どうしたんですか?」と同じ質問を繰り返したので

「いいことがあったの!」と冗談を言って済ませました。
この時、私には最悪な出来事が起きたばかりだったので

気晴らしのために ちょっと きれいに!していたのです。

化粧をしてみたり、服装を気にかけてみたり。
輝くことで、この危機を乗り越えようとしていたのです。
辛い時ほど、どうしようもない出来事が起きた時ほど
元気を出して頑張って、気晴らしによって輝いてみよう。

と考えてのことです。

悲しいので泣いてもみましたが、泣いても気持ちは晴れません。
愚痴を言っても腹立たしいだけです。
沈んだり、落ち込んでいる暇は、ありません。
不満や文句が次々に湧き出てくるタイプなので、内観療法も私には適していました。
内観療法は、日本で発達した数少ない精神療法です。
私は、社会人一年生の時に、上司からはじめての研修場所として
奈良県の「内観道場」に行ったったことがあります。

自分が「~にしてもらったこと」について、見つめて思い出す方法です。

内観療法は http://www.synapse.ne.jp/~sein/T/T80.htm より一部抜粋

(1) 「してもらったこと」について内観をすると今まで自分一人の力で生きてきたつもりでいても、いかに多くの事をしてもらっていたかに気づかされる。それは内観者の対人関係において、大切に育てられ支えられてきた愛情体験の発見につながり、改めて自己の尊厳さを見出し、自己肯定感が得られる。しかし一方では他者にしてもらうことばかりの連続であったことに気づき、自己の依存性の強さや未熟さを自己像として認識させられる。こうして他者中心の知覚の仕方で見ていくと他者像の認知も大きく変化して、他者を共感的・肯定的に受け入れることができるようになる。その時、他者に対して感謝と償いの気持ちを抱かせるまでにいたる。

そして、やっぱり 修練です
我々、修練者は、いつでもどんなときでも
修練をして乗り越えるのが基本ですね。
「遊 歩 功」

物事をすっかり忘れて、サラにして再出発する時には最適です。

元極功法に携わっておられる神々様も応援してくださるので
忘れることに、拍車がかかります。エネルギーによって

元気になりつつ、気持ちを立て直すことが出来ます。

日本人は基本に「何でもかんでも水に流す精神」を持っていますから

邪気を吐き出して、新しく再生してやり直すことができます。

有名な女優の自殺によって 
世の中は「可哀想」「どうして?」の連鎖ですが

どんな状況にあっても 自分を励まして生きるしか道はありません。

死の淵にありながらも 恐怖を感じるのでは無く
無心で修練を続けておられた方々に 思いをはせて
自分の意識を立て直して、新たな気持ちで頑張ります。

マイナス思考からは、マイナスの出来事しか起こりえません

ただいま、気持ちを奮い起こしています。