日之本元極増田先生

増田先生から伺った話の続きです

30年ほども前に、偶然が重なって

熊野三山のひとつ 速玉大社の別宮「神倉神社」に行った時の出来事です

*************

バスから見える「神倉神社の赤い鳥居」を見た瞬間
強く引き寄せられる気持ちが湧いてきて、後先を考えもせずバスを降り
一途に「神倉神社」をめがけた私は

巨大な岩を重ねて創られた 急な勾配の階段をよじ登って

山頂の「ことぶき岩」を目指していました。

3歳ほどの小さな男の子の手を引いて

悠々と参道を降りてくる 親子づれに出会った後に

肩の上に、40×20cmほどの岩の塊を抱えて
時々 頭の上にまで持ち上げるようにして
「いつもこうして持っていて、トレーニングしていますから重くはないですよ。」
とおっしゃる男性に出会いました。
山頂のことぶき岩にあるお社に参拝して、

帰りの電車の時間を気にしつつ 急こう配の階段を降りていた時のことです。

その不思議な男性の風貌について 
思い出そうとしても、ほとんど印象がなく
あまり覚えていないことも不思議です。
作務衣のような服だったのかもしれません。
裸足だったことと、

肩の上に持ち上げていた石の存在だけをはっきりと覚えています。

重いだろうに、石を頭の上の方まで抱え上げて、

いとも簡単に急な坂道を登っておられた印象だけが強く残っているのです。

神倉神社から帰宅した後、
しばらくは、出会った親子づれのことや 石を持った男性のことを思い出すこともあり、
元極功法の修練をしている仲間たちにも話をしていましたが、

時間の経過とともに忘れてしまっていました。

その後、平成16年10月24日
高山市中山の地に、最初の元極功法の練功室を開いたのです。
それからまもなく、神様の声を聞き取る役割のババタヌキに突然
「熊野三山に来なさい」と声がおろされたので、

懐かしい気持ちもあり、すぐさま出かけることになりました。

聞き取り役のババタヌキに
神倉神社での出来事の詳しい経過を話しますと「信じられない。」
という顔で 私の話を聞いていました。
平成16年に訪れた熊野三山の各神社(熊野本宮・那智大社・新宮速玉大社・神倉神社)の神様方は、
それぞれ歓迎のエネルギーは届けてくださったのですが、

私が体験したような不思議な出会いは無かったので、静かに高山に戻ってきました。

高山の中山の練功室で数日を過ごしたある日、
修練者であるお母さんに連れられて、一人の小学生の男の子が練功室にやってきました。
お母さんは困ったような顔をして事情を話してくださいました。

朝から頭が痛くて、朝ご飯を食べたらおなかも痛くなって
吐いたりもするので 学校へ電話をかけてお休みの連絡をしたのです。
すると、そのとたん元気になって
「ひのもとの神様が呼んでいるから中山に行く!」ときっぱりと宣言するのです。

あまりにも真剣に、話すので連れてきました。と説明してくださいました。

男の子が、中山の練功室に入った途端 
「お腹すいた!」というのでお餅を焼いてあげると3つもお食べました。

その彼が ますます元気になって話すことは

「宇宙の神様から 特別な石が届いています。」
「この石は、神倉神社の神様が増田先生に届けてくださったものです」

「その石は、この中山の庭にあります。」
「今夜、この石を見つけてくれる人がここに訪ねてきます」
「その人が来たら、石を見つけてください」と頼んでください。
「その人は、ハイ分かりました」と 答えます。
と一気に、休む間もなく話してくれました。

この話を終えると役割が終わったのか?

「お母さん、帰ろうか!」と言ってすぐさま自宅に帰っていきました。
きっと、神様の御用を済ませたので、すっきりとしたのだと思います。

その夜、ある男性が訪ねてきました。
「神様から、お役目を授かってきました。」
「お探しのモノを私が探します。」
「少し時間をください」と 言って中山の広い庭を歩き始めたのです。

日之本元極, 未分類増田先生

増田先生が、30年ほど前に 
神様に導かれて 熊野三山をめがけた時の話です

********

あまり興味のなかった熊野三山でしたが、
偶然が何度も重なったので とうとう出かけることにしたのです。
「偶然」にも大阪の受講生から 講座の依頼があったので

大阪講座の帰りに 熊野三山を目指しました。

本宮・那智大社・速玉大社の後 バスの中から偶然見つけた神倉神社に
どうしても行きたくなって 
「いざ!神倉神社」の急な大きな岩の階段を登り始めました
まもなく 頂上のお社のある「ことぶき岩」が見えそうだ 
と安堵していたところで 社の方向から降りてくる
親子づれに出会いました。

3歳くらいの男の子と その子の手を引いているお父さんです。

大人の私でも巨大な岩の階段は、登るのに結構大変でしたから
「大変でしたでしょ 登るの?」
 私もあまりにも急なので、結構大変でした。
「こんなに小さいお子さんが、登るのは本当に苦労なさったでしょうねぇ?」

と 声をかけたところ

「いいえ、手を引いてきましたから それほどでもありませんでしたよ。」
と お父さんは答えられたので、
「そうですか」と 返事をして短い会話を終えたものの
いとも簡単に登れたように 父親が答えたことが、

私には不思議でなりませんでした。

私は、予定していなかった神倉神社への訪問だったので、
帰りの電車の時間が迫っていたこともあって、
頂上の「ことぶき岩のお社」にお参りしたのちに

すぐさま踵を返して、登ってきた参道を大急ぎで降りたのです。

これほど、急いで降りてきたので
幼い子供の手を引いていた 親子には
すぐに追いつけるだろうと思っていました。

しかし、親子の姿はなく 2度と出会うことは叶いませんでした。

あんなに急な巨大岩の階段を 3歳ほどの子供が
いくら手を引いてもらっていても 

こんなに早く降りれるわけがないと思っていたからです。

この出来事は、とても不思議だったので
東京に帰ってから 何人かの友人や知人に話をしました。
すると、見えない世界のことが好きで、

感覚が敏感なうえに 直観力のすぐれた若者が、不思議な話をしてくれました。

************
きっと、その幼い子供は 増田先生ですよ!
神様に手を引かれて 神倉神社に来たのだと思います。
増田先生は、神様にとって 大事な子供のような存在だったんでしょうね。
増田先生は、このようにして神様に手を引かれて 歩く運命なんでしょう。
このことを知らせるために 親子連れに出会う必要があったし
偶然が重なって導かれて 神倉神社に
どうしても行く必要があった! 

ということだと思います。

************

この印象的な 親子との出会いがあったすぐ後に

さらに 不思議な男性と出会いました。

肩の上に40×20センチほどの 岩を持ち上げて

裸足で 頂上の方から降りてくる男性に出会いました。

私は、急いではいましたが、
またも不思議な出会いだったので問いかけました。
時は3月の初め頃、まだ風は冷たい時候でした。
「裸足で歩くのは冷たいでしょう?」 と聞きますと

「いやいや、いつものことですから…」 と答えが返ってきました。

「大きな石は重くはないですか?」と付け加えて話しかけると
「いつも持っていてトレーニングしていますから…」と 
答えられたので 不思議な出会いだなぁ と思いつつ
それ以上は聞くこともせず

ご挨拶をして、頂上を目指しました。

神倉神社で出会ったこの男性は、この神倉神社にまつられている
「神様」だったとはっきりとわかったのは、十数年の年月の後
平成16年10月に高山市中山の地に開設した 

日之本元極の庭から掘り出された「神倉石」の存在でした。

肩の上に持ち上げていた「石」は、
宇宙のエネルギーを受け取る性質のある「神倉石」だったのです。
この石が、日之本元極の庭にあることを 教えてくれたのは
お母さんと一緒に 修練を始めた小学生の存在でした。
つづく

日之本元極, 未分類増田先生

シリーズでお届けしています。 1から順に読んでください
********
そもそも 増田先生と熊野速玉大社の摂社となる「神倉神社」との出会いについて

30年ほど前の いきさつからお話ししたいと思います。

もともとは、神社などに興味は全くなくて、
神様などの存在を信じていなかった増田先生は
神社などで、長々と祈っている人々を見て「ばかばかしいことだ」と 思っていらしたそうです。

東京に住まいしておられた約30年ほど前のことです。

熊野三山に「ご縁」を感じた出来事 (増田先生からの聞き取りです)

①母親が、老人会か?どこかで「古語辞典」をもらって来ました。
すぐさま母は「この辞典、私にはいらないから、あなたにあげるわ!」と手渡されたのです。
辞典の中をパラパラとめくってみると「熊野三山」の項を偶然開きました。
「熊野三山」って、どこにあるんだろう? と少々の内容を読みましたが、

気にも留めないで辞典は終ってしまいました。

②翌日のこと、普段からテレビを見る機会はほとんどないのに、
偶然テレビをつけたら「熊野三山」の紹介の映像でした。
「そういえば、昨日、古語辞典で読んでいたところだなぁ~」

と思いながら、重なった偶然を多少は奇妙に感じていました。

③さらに、翌日
新聞を開いたところ「熊野三山」の特集記事が載っていたのです。
「仏の顔も三度まで」ということわざもありますが、さすがに偶然が三度続くと

「神様が呼んでいる」と思うようになりました。

④「熊野三山の神様が呼んでいる」「行ってみようかな?」と思っていた矢先に
大阪の受講生から講座の依頼がありました。
三重県熊野市は、紀伊半島にあり大阪から行くことも可能です。
この機会を逃さずに行ってみよう。

と 思い立って大阪から鉄道とバスを乗り継いで、本宮、那智の滝、速玉大社をめぐりました。

⑤予定通り、滞りなく参拝を済ませてバスに乗って帰路に就こうとしていた時に
バスの車窓から、振り返って山の上のほうを眺めたのです。
その時に、目に飛び込んできたのは真っ赤な鳥居の「神倉神社」でした。

これが衝撃的な「神倉神社」との出会いです。

⑥「あれは、何だろう?」という気持ちは、
「あの場所に行かなければならない」という確信に変わりました。

居てもたってもおれなくなって、すぐさま次のバス停で降りてしまいました。

⑦バスから降りて、近くの方に聞いてみました。
「あの山の上の赤い建物は何ですか?」
「あぁ~ あれは神倉さんですよ」
「神倉神社という名前ですけれど、地元では神倉さん!」と呼んでいます。
「いい神社ですよ。少し歩きますけれどね。」と 話してくださいました。
あの山の上の「神倉神社」に行かなければいけない。

その思いを一心に歩き始めました。

⑧神倉神社の前に到着すると、
巨大な岩が ゴロゴロと急な階段を創っていました。
意を決して、巨大岩の階段に挑戦して山に登り始めました。
その山の坂の急なこと、岩の大きなこと、巨大な岩の階段を登るためには、
両手をついて、腕で支えて身体を持ち上げつつ登らなければなりません。

ようやく、たどり着いたのは 

巨大な ことぶき岩のある山頂です。

ここに きれいな朱塗りの お社がありました。

この神倉神社の階段を昇る道中で

不思議な出来事が、いくつかありました。

つづく

元極グッズ日之本元極

昨日、出張から帰って 
5日ぶりに 自宅の風呂に入りました。
払い清めの「海のまなみ」(塩)と「天のまなみ」(水)と

木酢液を入れて湯船につかりました。

この時、いつもの通りに 
キャップ2杯ほどの木酢液を入れたのに

いつもの匂いがしなかったのです。

それでも 小さいことは気にも留めず
眠さが勝って、考えることもせず

さっさと 寝てしまいました。

そして、今夜の入浴の時に 
木酢液を 注意深く入れてみました 少しずつ
やはり、「匂い」がありません。
いつもの倍以上の量の 木酢液を入れてみました。

けれども 匂いがほとんどしません。

お湯の質が さらに変化したのか?
肌がキュキュッと 音がするような感じになりました。

「どうして? 匂いがなくなったのですか?」と神様に伺うと

木酢液の効力が大きく変化しています
誰にでも愛される品にするためには、匂いがあっては人気が出ません
匂いがほとんど無い。
効力は大きい。

そんな木酢液になりましたよ。

と おっしゃいました。
そういえば、お年頃の高校生の孫がいる

修練者が話してくれたことを 思い出していました

 孫が お風呂に木酢液を入れると 
 臭い!って言って嫌がるの!
 お風呂に、ホンの少し入れるだけでもでも 

 ニオイが臭い!臭い! って 嫌がるの!

私は、あのニオイが好きな方だから ちょっと寂しいな

木酢液のニオイの変化?

皆さんは、いかがですか?

 

日之本元極, 神様の言葉増田先生

昨日、神倉神社の神様が、

降りてこられて お話しくださいました。

これまで授けてきた「神倉石」の効能を 
今回 100%になるように さらに追加・補足して 

授けることとします。

これまでの力は、二分の一ほどでしたから
今回お渡しする 100%の力を発揮すれば、

その効能は素晴らしい結果を生み出すことでしょう。

増田は、この力を与えられたことによって、
ますます活躍することになりますが

これまで以上に 精進しなければなりません。

今後の普及活動に邁進して、努力を積み重ねなければないりません。
「力を与えられた者は、首を垂れて 高慢な態度をとらない。」
これは、元極功法の伝統です。

 

*************

このたび、神倉神社の高倉木の神から 
増田に大いなる力が与えられました。
「神倉石」の効力は 気絶神倉法の施術だけではなく
日之本元極のあらゆる功法の効力、施術、貫頂、エネルギーグッズなどにも
効力アップの影響がおよび
確かな結果が 

どなたにもまんべんなく届くようになりました。

*******

三重県新宮市の神倉神社は、熊野速玉大社の摂社です。
神倉神社の神様には、何度もお話しいただいています。
神倉石は、神倉神社の神様から 与えられた
宇宙のエネルギーを受け取ることができる「石」です。
高山に、最初に開いた 練功室の庭を
掘り起こしたら出てきた「石」です。

これまでのいきさつについては、引き続き記事を書いてご説明します。

お楽しみに

日之本元極, 未分類コロナウイルス, 増田先生

2020年から1月末から
コロナ感染症に働きかける「無形ワクチン」は
「無形ワクチン・コロナイン」と 命名してスタートしました。
約一週間の間に、遠隔施術によって、エネルギーを届けながら
コロナウイルスに対するワクチンを「無形の肉体」に定着させる方法です。

その後 2021年1月に名称を
「無形ワクチン・HINOMOTO」に変更しました。
より多くの方々への施術を目指して  副反応を軽減し
添付するパワーも バージョンアップしました。

2021年1月13日には
東京都新宿区の住民の皆さん 約33万7千人を対象として
「無形ワクチンHINOMOTO」を遠隔にて実施。
すでに感染している方々や 病弱な方々には 重症化しないように
気絶神倉法(エネルギーを遠隔で送る施術)を併せて施術しました。

「無形ワクチンHINOMOTO」は 
感染者の一番多い新宿区の皆さんに対して、どのように効力を発揮するのか?

元極功法の修練者や関係者だけの 施術では判明しない事柄が 
もし、明らかになれば 
より多くの方々に 「無形ワクチン・HINOMOTO」を 
お届けできる事を願って 新宿区民を対象として施術した訳です。

ところが その後の経過は 
感染者の数は 減少傾向になったものの
目に見えて 変化、減少する実態はなく 
数字的な評価は 残念ながら確認できませんでした。

2021年5月はじめに
「無形ワクチンHINOMOTO」を家族ぐるみで施術した 
10代の方から PCR検査が陽性(本人は無症状)になった 
との報告を受けたのを 機にして

無形の肉体(気の流れている身体)と 

「有形の肉体」(物質としての身体)は
修練をしない多くの方々では 合致していないために 
無形の身体に届けた 「無形ワクチン・HINOMOTO」を施術していても
無症状ながらも PCR検査の結果は陽性となるケース等がある
事実が明確になりました。

日之本元極の功法の修練をする事によって、

「無形の肉体」と「有形の肉体」とが一体となって作用します。

よって、修練者においては
「無形ワクチン・HINOMOTO」の功力は、
有形の身体へ届きやすく定着しやすいわけです。
「無形ワクチン・HINOMOTO」は、
全く修練をしていない方(知人・友人・親戚縁者)にも施術されていますので、
「有形の肉体」と「無形の肉体」への連携がうまく取れていなかった可能性が予測されました。

そのため、増田庸文老師により 

「無形の肉体」と「有形の肉体」をつなぎ合わせて 
時間の枠を遡り 時空を越えて接種済みの方々を含めた
すべての方々に
「無形ワクチン・HINOMOTO」のバージョンアップ版を
再度届ける施術がなされました。
(増田のブログ 2021年5月11日記事参照 YouTube参照)

さらに、新宿区の住民の皆さんのみならず、通勤・通学を含め
新宿区に滞在される 皆さん方に 
「無形ワクチン・HINOMOTO」は作用するように設定されました。

今後の感染者の動向にご注目ください。

この「無形ワクチン・HINOMOTO」の施術を受けている方は
2021年5月13日の時点で 320名います。
その中で PCR検査データーの陽性が判明した(2例)

感染の症状が出た(1例)の具体的な事例をご紹介します。

今後も PCR検査や抗体検査の結果など 何か変化がありましたら
どんなことでも お知らせください。

以上、これまでの経過について とりまとめてみました。

*******************
事例

① 2021年5月 PCR検査が陽性でした。10代
 「無形ワクチン・HINOMOTO」を2020年に家族全員で受けた。
 学校で感染者と濃厚接触。
 クラス全員が、PCR検査を受けた。本人には陽性の判定が出た。
 発熱などの症状は全くなく、一週間の隔離後自宅でも症状が全くなく元気。
 同居の家族5人も濃厚接触者なので、家族全員がPCR検査を受けたところ
 他の家族は全員陰性だった。
 同居の家族も発熱や肺炎などの症状は全くなく、元気に生活している。
 陰性者も陽性者(一週間はホテル)も 2週間の待機を命じられた。

② 2021年5月 PCR検査が陽性でした。20代
 体調が悪化した友人がPCR検査を受けたところ陽性だった。
 濃厚接触者だったので、PCR検査を受けたところ陽性の判定が出た。
 全く無症状で、味覚の変化もないが、ホテルでの待機を命じられた
 同居の家族は、陰性
 
③ 2020年1月 PCR検査は陰性。発熱などの症状がありました。
 学校で感染者と会話した。
 濃厚接触者なのでPCR検査を受けたところ陰性だった
 家族もPCR検査を受けたところ、陰性だった。
 最初に喉が腫れた感じがした。

 熱が38度ほど出たものの「貫頂」を受けたら熱は下がった
 現在は通常の生活をしているが、味覚が変化した感じが多少続いている。

***********

日之本元極バージョンアップ, 修練

2021年 5月1日に

「階ム 六神秘功手当法」の録音教材が、
カタカナの響きに変更されて 新発売されました。

すでに 熱心な修練者の方々から

体感された印象などを お知らせいただいているところです。
その中に「六神の神が大きくなりました。」と

書いてくださった方がおられました。 ご紹介します。

*******

エネルギーの量の変化はよく分かりませんでしたが
ひとつ 驚いたのは 
六神の姿が それぞれ大きく現れたことです。
しかも ひとつひとつの神の姿が より鮮明に映し出されました
これまでの修練で 実感していた 神様の姿の

「倍」ほどの大きさだったので ビックリ‼ しました。

**********

日之本元極の功法の修練は、
身体の中に、六臓六腑の神々が内在されているので
その姿をイメージ(内視する)しながら修練をします。
修練者の中には、内在する神々の姿が、判ったり、
実際の姿が 目で見たときと同じように 

「見えたり」する方がおられます。

今回ご紹介した 修練者は、
講座を受講し修練を始めてから 1年と数ヶ月ですが、
日常的な修練の積み重ねと 講座を熱心に受講する努力によって、

神様方のご守護が 与えられた結果の体感だったのだと思います。

何事も 信じて継続する努力を重ねることで叶うこともあるのですね。

 

元極グッズ, 日之本元極バージョンアップ

 2013年に画期的な功法

「免疫力活性適正化手当法」が階ムの功法として誕生しました。

この公開以来 修練者の皆さんに愛されて、
活用されてきた録音教材「免活手当法」が
2021年4月14日
功力を大幅にあげて生まれ変わって誕生しました。
従来と同じく、再生して聞いているだけでも、

修練効果が届くように設定されています。

今回のバージョンアップの特徴は
・元極掌門人増田庸文の無形の地位が上がったこと
・力添えしてくださる神々が増え
 修験道の開祖「役行者」にもバックアップいただけたこと
・「18字真言」(静功の要諦講座にて公開された)が、

 重複して録音されていること
・邪濁を祓い清める力が強くなって、邪魔が払われたこと
 などです。

これらのバージョンアップによって
免疫力を「活性化して適正に保つ働き」が、さらに強力になりました。録音終了後に、功力を確認してから新価格が設定されました。

旧価格の倍以上の評価です。
きっと、価格に見合う功力が届きます。

日常の修練に役立ててくださいますこと願っています。

「階ミ」のベテラン修練者でさえ「免活」の修練中に眠ってしまうほど、

もとより功力が高い功法です。

さらに、新録音教材を使って修練をすると、
どれほどの結果が届くのでしょうか? 

今から楽しみです。

どうか、一人でも多くの方々に、
新しくバージョンアップした「免活手当法録音教材」が
届きますように願っています。

元極グッズ, 未分類脳天

3月16日の朝のこと
ついに!待ちかねていた

録音教材「智恵の脳天法起術」が完成しました。

さっそく、再生して聞かせていただきましたところ
頭の中に作用して、まるで

風が 吹き荒れているような感覚がありました。

額の部分から 耳の上あたりにかけて
ごそごそと 何かが動いているのです
その何かは 風のように動いたり いつの間にか消えたりしながら

いつまでも 作用が続きました。

少し、頭痛もあって 吐き気もするから
「食欲が無いわぁ~」と 思いながら食事を始めますと

思いのほか元気で しっかりと食べることも叶いました。

私は、左半身の動きが悪くて
顎関節から肩、肘 股関節 膝 足首などに痛みがあったり

硬くて動かすたびに、ボキボキ ポキポキと音が鳴ります。

録音教材「智恵の脳天法起術」を
再生しながら眠ったところ

左ふくらはぎに 「ケイレン」(コブラガエリ)が起きました。

痛くて、びっくりして朝方に飛び起きたのですが
その後から、左半身が穏やかに 柔らかくなったように感じます。
関節の音が ポキポキと鳴らなくなったし

腕や足の動きが軽くなったからです。

3月19日の春分講座の夜、
増田先生が担当される静功会がありました。
その時に再生された元極音楽は 

録音教材「智恵の脳天法起術」でした。

参加されたみなさんは、
・スッキリ集中できた。
・寝ないで、頭が冴えていた。
・念訣が身体に響いた
・雑念がわかなくて 気分良く修練が出来た

などなど おおむね 修練効果が上がったようでした

録音教材「智恵の脳天法起術」は、
首から上に 優先的にエネルギーが届いて
聞いている方々の 脳天を癒やす 録音教材です。

 

元極グッズ, 神様の言葉智慧

3月のはじめ 天川村に行きました。

役行者が、
「増田と対決したいから 私の修行の里に 来てください」と

お招きくださったからです。

役行者は、私の過去世とご縁があったそうです。
しばらくは、私の右目の中に住まいして 
昔のなつかしい ほのぼのとした話を 聞かせてくださいました。

修験者として生きた人生を 懐かしくお話しくださいました。

役行者は 痩せ型で 小柄な方でした。
顔立ちは、鼻が高くて鼻筋が通っていて なかなかのイケメンです。
ヒゲを蓄えて 優しい目尻が いつも笑っていました。

とても 充実した夢のような時間を 伴に過ごせました。

役行者が表現された「増田との対決」という言葉の意味は 
中国から持ち帰った「元極功法の伝統」と
増田が中国の伝統を生かして生み出した「日之本元極功法」と
私(役行者)が、日本で育てた修験道と
融合させて、現代に見合った功法へと さらに発展させること! 

だったそうです。

こうして、終末の世の中に生きて働く功法が さらに発展して
生まれ変わったものが 「智恵の脳天法起術Ⅱ」(録音教材)です。
今回の録音は、これまでのように 言霊が表面に出ているのではなく
どなたにも使っていただけるように、

元極音楽だけが聞こえるように創られています。

もちろん、何層にも積み重ねられた「元音」が 

深く 拡く 強力に 届くように創られています。

聞き始めてから 2~3日は 作用が強く感じるかも知れませんが
聞き続けていると だんだん慣れてきます。
ここで修練をすると さらに効力が増して 作用が強力になります。

修練を継続しつつ、録音教材を再生して 聞き続けることが 大事なコツです。

お試しください。