受講生との会話, 日之本元極気功

修錬者の方より「めぐりみ・めぐりき」の体験談をいただきましたのでご紹介いたします。

‐‐‐

録音教材が新しくなる時には
いつも新鮮な気持ちになれて嬉しい喜びがあります。
私は股関節の動きが悪いので、
しゃがみ込む姿勢のある「めぐりき」はとても苦手です。
しかも、椅子の座面のあたりまでしか
しゃがみ込むことができないのです。
ところが新しい録音教材を使って、
修錬動作をしたところ「めぐりき」の動作が
予想外にスムーズにできたのでおどろきました。
股関節の痛みもなく動きもスムーズでした。
身体を上下に大きく移動させる「めぐりき」は苦手意識がありましたが、
修錬後には「さわやかさ」を感じました。

受講生との会話, 日之本元極気功

修錬者の方より「めぐりみ・めぐりき」の体験談をいただきましたのでご紹介いたします。

‐‐‐‐‐

錬功会で「めぐりみ・めぐりき」を体験しました。
最初、音楽が流れだした時は、
足から上へ順番に温かくなる感じがしましたが、
肺の後面だけは寒く、
体が温かいのか、寒いのか変な感覚でした。

私は看護師をしています。
日常の勤務の中で肺の悪い方と接することが多いので、
何度か「肺が悪いよね~。」
「あなたのからだを見(診)ていると、悲しみがこみあげてきます。
よほど、肺の悪い方、悲しみの多い方をお世話しているんですね。」
と増田先生からご指導いただいたことがあります。

やはり肺から邪気が出ているために、
肺にエネルギーの作用が届いているために
「肺だけが寒い」感覚があるのだと思いました。

新しくなった録音教材は、
悪いところを瞬時に見つけて、
働きかけてくれるモノだとわかりました。

ブログ, 日之本元極, 日之本元極気功

T様より、その後耳鼻科での受診結果のお知らせが届きました。

*********

医学的にも検証された「聴力の改善」

4月2日 コロナワクチン接種の翌日、突然発症した「聴力の低下」についての経過は、
これまでにご紹介したとおりなのですが、

昨日(4月11日)以前に受診して、検査などをしていただいていた行きつけの耳鼻科に受診してきました。
自覚的には、改善を実感していましたが、医学的な聴力検査や医師の所見などについて
念のため、確認できたら良いなという思いからです。

その結果、
前回の聴力の比較から、難聴は全く確認されませんでした。
耳鳴りも消失して勿論ありません。

また、5日間毎日、遠隔貫頂を受けている期間は、
お腹がぐるぐる鳴ったり、頭の「泥丸」あたりがムズムズしたりしたこともあり、
人体になんらかの作用が来ていると自覚しました。身体は好調です。

血圧の方は朝晩と段差が激しいのですが、
日常生活には支障はありませんので、今後は食生活含めて節制します。

お世話になり、ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。

****(完)****

ブログ, 日之本元極気功, 神様の言葉

先日(2022年3月11日)のこと
飛騨市神岡町大津神社に参拝するように、天から命が降ろされました。
この大津神社が存在する場所の地名は「船津」といいます。

以前に、この神社を訪ねてからすでに5~6年が経過していますので、
「なぜ?この神社に参拝するのでしょうか?その理由を教えてください。」と
命を降ろされた「天」にお尋ねしますと
「すべての「粛正」「粛清」が始まる起点の「日時」であり、その「地」であると導かれました。

以前、この飛騨市神岡町大津神社を訪ねた時に、伝えられていたことをお伝えしますと

地球の誕生する時に、
宇宙から神々が降りたって、船(宇宙船)が到着したところが神岡町の大津神社のあるこの場所です。船を着けたところなので、後々まで言い伝えられて地名は「船津」と名付けられたのです。と伝えられていました。

神岡町や飛騨市、高山市には「船坂」姓の名字が比較的多く、山の中にもかかわらず「船」の地名があるのは、不思議なことです。久々野町には「渚」(なぎさ)という地名もあり、舟が通過するときに命名されのたかも知れません。また、飛騨地方には祝い事の行事として、「宝船」を運んでくる祭りがあります。これは、山に住まいする者たちの海への憧れであると民俗学者は分析しているようですが、起源はもっと深いところにあるのかも知れません。

宇宙から到着した宇宙船は、神岡に留め置かれて、比較的小さな「のりあいぶね」に分散して乗り込んで、位山を目指されたようです。位山の横に「舟山」と命名された山があります。神々はこの「舟山」に、「のりあいぶね」を着けて、位山に向かったのです。という説明を受けました。

位山の前に位置する萩原町の「御前山」には、古代文化の象徴となる古代文字が多数残されていて、多くの研究者が話題としています。この山も「位山の前に位置する山」として「御前山」の名前をいただいたのかも知れません。
飛騨地方は、位山を中心に神々の降り立った最初の「地」として存在した歴史を象徴していると実感しました。

今回、久しぶりに命を受けて再度、大津神社に参拝した意味はきわめて大きく、これまで伝えられてきた様々な導きが、顕界で実現する時が来たことを意味しているようです。

最後に、導いて伝えられたことは、
地球の全ての粛清。粛正が始まるとは、天災、人災を含めて、破壊的な事態が起きて、地球の崩壊をはじめ、世界中が滅びていくことを現わしています。その形示しが、あなたがたの組織「日之本元極」で行われています。そういう役割のある組織であることを肝に銘じて、あなた方も精進することです。

220320 文責 日之本元極 細川明美

ブログ, 日之本元極気功

皆さんこんにちは。今日は、階ム敲門講座1-b「功法有無ム」を行います。
この講座は、皆さんが最初に受ける講座「はじめてカンパイ」の次に受講していただく講座になります。
功法有無というのは、私たちの有形の肉体と、この上に被さっている、見えない気の流れる、無形の肉体とをつなぎ合わせる功法です。気のエネルギーを無形の肉体の方に送ると、有形の肉体にも作用して、有形の肉体が変化することは分かっていたんですが、無形の肉体と有形の肉体が、それぞれつながっていない方も多くて、そのために修錬をしてきたわけですけれど、講座の最初の段階で、有形の肉体と無形の肉体をつなぎ合わせることができれば、これは今後の修錬が宝になってくるような、とても重要な講座です。
そのために、階ム敲門講座1-bを「はじめてカンパイ」の次に受ける、ということを設定しました。
ぜひ、「はじめてカンパイ」の次にこの功法を受講いただけたら、と思います。

 

日之本元極気功

春は 芽 のもの
夏は 葉 のもの
秋は 実 のもの
冬は 根 のもの

を食べると身体によいと 昔から伝えられている

春の野で 野草を摘んだ 
山ウドを摘んで 食べた 
どっさり食べた

タケノコも ぬかで茹でて食べた。 皮の柔らかいところまで 食べた。
よもぎ も ふきのとうも 天ぷらにして食べた。

あさつき もぬたにして
菜の花は 芥子和え

つくしも タンポポの葉も 摘んで食べようと思っている。

春の野の 若菜の苦みが 身体にしみて おいしい。
春の野の 若菜の碧さが 心にしみて 春がさわぐ。

不思議大好き ババタヌキ-日之本元極気功教室 ばばたぬき

日之本元極気功

ある修練者に声をかけました。

ちょっと、元気がなさそうだったからです。

お話を伺うと

ご家族がご病気で ほとんど寝たり生活だそうです。

手助けすることも出来ず、

どうすることも出来ず

心配だけが 積み重なると 話されました。

こういう時

心配することで、「気」を使い

世話をすることで、

実際に「気」を浪費してしまう事が多いものです。

家族は、

第一に大事な かけがいのない存在です

大事なご家族が ご病気の時ほど 踏ん張り時です。

ひとがんばりして 修練を積むことで

圧倒的に 気のレベルを上げることが出来れば

自分から気を発して

家族を元気にすることも 可能です。

家族がご病気の時に

ご一緒に修練をされることも 大事ですが

ご病気の方以上に 修練をして

圧倒的に 上のレベルに上がって

上から 引っ張り上げてあげることも

家族として 求められていることだと思います。

頑張りましょ 修練!

image

日之本元極気功

本日は、錬功効果の高い日錬功会でした。

私は、静功を担当しました。

静功の時に 再生させる録音教材は

参加される方々の 修練段階などを考慮して

選定しますが

本日は 

階ひと一次元「正身滅無明」を使用しました。

この録音教材は、30分を単位として

はじめの準備と 収功のガイドが入っているので

2時間の静功の時には

少々 使いにくいのですが、

制作を担当くださる Iさんにお願いして

ガイドと収功を カットして編集していただきました。

おかげで

静に落ち着いて 集中して 静功ができました。

あっという間に すぎた2時間だったので

少々 びっくりしました。

寝ていたわけではありません。

これほど 時間が早く過ぎた 

静功も珍しいと 感じました。

私にとっては 本当に久しぶりに

集中度が高い 静功になりました。

もちろん、参加者も 集中しておられました

この録音教材は

今のところ、新宮修練舎だけで 使っています。

新宮修練舎で 2時間の静功を

ご一緒に しませんか?

言霊の力で 雑念を一掃します。

正身滅無明

念訣聴音

雑念掃清

日之本元極気功

ただただ、じっと座っていて

黙って 身動きもせず


ひたすら 念訣をしているだけの

「静功」は、

日之本元極功法の 修練の基本です。


それは、

決められた「念訣」をひたすら

繰り返すだけの 簡単な方法です。

誰にでも出来ます。


単純で簡単なので 98才の大ババタヌキでさえ

目を閉じて 修練をしています。


実際には うとうと眠ってしまいますが

それでも、「静功」は嫌いではありません。


落ち着いて 静かに座っているときに

降り注ぐエネルギーが

何とも さわやかで 好きなのだそうです。


それが

中には、修練を継続させることが 

とてもとても 辛いと

おっしゃる方もおられます。


苦痛で 仕方が無くて、

嫌で嫌で どうしようもない

と おっしゃることもあります。


修練をすると 

病気が治ることも

気持ちが 落ち着くことも

直感力が 鋭くなることも


頭では 十分に判っているのです。

判っているけれども 出来ないのです。

とも 言われます。


私は 修練が好きなので

その気持ちが分からないのですが、


きっぱりと 

二つに 別れてしまうことが

多いのが 実情です。


どうしてかな?

日之本元極気功

先日、パジャマを捨てた。
下着も タオルも何枚も 捨てた。

あらってもあらっても 落ちない においが染みついて 臭い叫び

洗濯には、「天のまなみ」と「海のまなみ」を少し入れて
きれいに 洗っているし

下着は、毎日着替えている けれど
それでも 臭いしょぼん

人の身体には、こんなに邪気が たまっているのかはてなマーク
と 思うと びっくりしてしまう。目

デトックス風呂(出毒素風呂)に入ると、邪気がでる
修練者の中には 

牛乳のような 白い汗が出ますビックリマーク
という方も 複数みえて
驚くことばかり

身体から、邪気が出る感覚
下着の この臭さ
皆さんも 試してみられませんか

不思議大好き ババタヌキ-日之本元極気功教室 空