12字真言, 静功日之本元極

12月21日 高山市本宮修練舎
冬至講座にて公開された「静功の要諦」は

それはそれは、大層な力を授ける講座でした。

「心身共鳴静功法」と唱えると
これまでの静功とは、全く異なり
竅穴に 心が強制的に定まってきます。

(講座を受講した方だけに力が渡されます)

雑念の多い 私の修練でも
何かしらの力が働いて 
念訣の「音」の響きが 
竅穴に響き渡り

全身に拡がって 

まるで 宇宙にまでも届いているような

「畏怖の念」がこみ上げてきます。

この講座を受講した方々の すべてが
この力を受け取れたかどうかを

増田先生が 神様に問われると

「約2割」と お応えになったそうです。

つまり、この壮大な「心身共鳴静功法」の力は
お金で買えるような モノではなく
講座を受講すれば 与えられるモノでもなく

求めれば 与えられるモノでもなく

天命に沿った生き方の その結果によって
与えられるモノのようです。

与えられるためには、もちろん 努力も必要です

今回は、月曜日の講座にもかかわらず
チャンスを逃がしてはならない と
仕事を休み 時間を作り出した方々
東京や 京都 九州から
わざわざ時間を作り 金銭を費やして 

参加くださった方々がおられました。

努力する姿勢もまた 天命を受け取って生きる 
人それぞれの 生き方だと思います。

「心身共鳴静功法」と 心を込めて念訣をします。

「大切な言葉なので
上丹田にいつも置いて 静功をしています。」と

ある修練者から、メールが届きました。

上丹田は、極めて敏感な竅穴ですから

ここに「言葉」を置いたり 念訣したりしてはいけません。

このことは、とても

大事なことなので、皆さんにもお知らせします。

さらに、付け加えてご案内します。

この重要な講座は、階ムの段階の方でも
階ヒトの静功を受講していない方でも
まだ、入門講座を受講していない方々でも

受講されることは 可能です。

受講は禁止していませんので、
どなたが「受講」いただいても構いません。
(重要な「力」が渡されるかどうか?

 ご本人が受け取れるかどうかは もちろん不明です。)

今後の講座の開催は 未定です。 ぜひとも
東京講座での 受講をお勧めします。

天のまなみ日之本元極, 飛騨高山

先日、朝のテレビ番組で 

コウモリが 住宅街に住み着いているニュースを放映していました。

本宮修練舎の 雨戸や窓枠の隙間にも
コウモリが 何十匹も住み着いていて

あちこちに 糞がばらまかれて 汚れていました。

そこで、増田先生が 
コウモリは本宮修練舎の中に入ってこない!」と
強い「意念」を発揮して 

意念の力によって「結界」を創ってくださいました。

さらに「天のまなみ」のスプレーを使って
「二度と戻ってこないでね!」と私も意念を発して

窓枠の「ねぐら」からコウモリを追い出しました。

ところが翌日、図々しいコウモリが2匹ほど

戻ってきたのです。

再度、増田先生が
「意念の力によって結界」を強化してくださいました。
さらに「天のまなみ水」に意念の力をプラスして
コウモリは来るな!」 と念には念に入れて

追い出すことになりました

これは効果抜群でした
「ねぐらに戻りたい」コウモリたちは
夕方になると 帰って来ようとするのですが

戻れなくて 諦めてどこかへ行ってしまいました。

そこで、当分の間 
コウモリ来るな!」の
意念を込めた「天のまなみ」のスプレーを 
窓枠などに 吹き付けることになりました
めんどくさがり屋の私は 名案を思いつきました
敷地に「天のまなみ」入りの水をまくことにしたのです。

最初は 「コウモリ来るな!」と意念していました

そのうち
「日之本元極の発展を邪魔する者は、本宮修練舎の中に入ってくるな!」と
意念しながら、水をまいていました。
その声が、あまりにも大きな声だったので
増田先生から「黙念!」と 叱られました。
この意念の力によって 
コウモリは来なくなり
悪しき者も 来れなくなり
日之本元極は 発展すると思います。

 

静功修練, 日之本元極

若い修練者が、熱心に修練をしている姿は

実に 美しいものです。

真剣さが 念訣の響きに良い影響をもたらして

身体の中から 心の底から 念訣が聞こえてきます。

姿勢も 念訣がうまく出来るときには 
全身から力も抜けて 改善しています。
「この調子で修練をすれば、メキメキ上達しますよね!」 と

増田先生にお話しをすると

もう何年も 経っているじゃないか!
すでに、階ミの修練者なんだから
これまで いったい 何をしていたんだ!
こんなに いい修練が出来るんだったら

どうして、早くからやらなかったんだ!

と 厳しい檄が 飛びました。

褒められるばかり でも
叱られるばかり でも
ゆったり のんびり しているだけでも

上達はしません。

自己に厳しく 自分を律して

自分の欲を コントロールできるかどうか?

まさに 今 
生き方が変わってきて 
修練の時が 訪れたのだと思います。
このチャンスを しっかりと掴んで

素敵な人生の選択の時 を 充実させて欲しいと思っています。 

それにしても 生き方を変える

「静功」の修練は 素晴らしいモノだと 思いました。

 

 

 

 

 

 

 

12字真言日之本元極, 気のエネルギー, 飛騨高山

人の感情や精神のコントロールは
体内に内在している「体内神」によってなされている。
と 階ヒト上級講座では、説明されています。
なるほど、
この道数十年、同じ道を歩いて 精魂込めて作品を創っている方々とか
一つの道に身を尽くして、道を究めて生きてきた 方々など
思いを実現するための努力が、道を外すこと無く出来る方々も
おられるわけですから
天から与えられた役割(天命)に沿って、
道からはみ出さないように、導かれた人の「体内神」は
感情をコントロールしながら、導いていおられるのだと思います。
それは、講座の中で説明されていることではありますが
さて、実感として自分の中の 
体内神の存在を意識することは、全く出来ずに過ごしてきました。
ところが先日のこと、
「ムシの治まらない出来事」がありました。
怒りの感情は悲しみを生み出して、混沌とした感情は
先の見えない迷路に追い込まれる事態でした。
この時、私の心の奥底から
「繰り返して湧き出てくる負の感情」に 気がついたので
修練者のRさんが、実践しておられること
「12字真言」を 心に向けて念訣してみました。
すると「負の感情スパイラル」の勢いがトーンダウンして消えていくのです。
これが「体内神」の存在なんだ! と
奇妙に納得できました。
皆さんも 欲望をコントロールしている「体内神」に向けて
よりよく生きる決意を込めて「12字真言」を念訣してみてください。
きっと 負の感情は薄れながら 消えていきます
お試しください。

 

さとりの法 さとり, 日之本元極

本日 朝の錬功会の参加者は、
「どしゃ降りの雨の中を」歩いて来られました。
これまでならば
「歩法の時だけ雨は降らないねぇ~」とか
「錬功会に参加するときだけは、雨が止んでいるねぇ~」と

皆さんが、ニコニコ顔でおっしゃるのに

今朝の場合には
駐車場から、本宮修練舎に歩いてくる時間だけ
どしゃ降りだったのです。
つまり
これまでは、偶然!恵まれていたのに
今は、わざわざ 偶然! 雨が降る
そんな 形示しが起きているようです。
さらに またもや偶然 増田先生のブログに
「は・に・わ・に」ちのあめがふります。

と紹介されました。

いよいよ、この顕界(は)に

ちのあめがふる 時が来たのです。

コロナウイルスの感染は、世界中に拡がりつつあります。
さらに、飛騨地方は、先日の大雨によって 

洪水の被害が 各地に起きています。

「は」にふる ち のあめは 

いったい? いつ どんな風に降るのでしょう?

備えあれば憂いなし

「徳を積んで」修練を頑張りましょう!

修練を頑張れる人々は、神様が印を付けてくださって
ピックアップしてくださるようなのです。

 

12字真言, 日之本元極修練, 日之本元極, 飛騨高山

先日のこと
遠方から、講座を受講するために
高山市の本宮修練舎まで、来てくださった方がおられます。
受講のたびに 驚きながらおっしゃる言葉は 初々しくて
我々がすっかり 忘れていた事ばかりで 学びになりました。

ご紹介します。

*********
これまでの人生は、
子育てやら 家族の病気や 看病の連続で
病院通いの時間が 生活の大部分を占めていて

いつも 追われるような時間を過ごしてきました。

これまでの人生では
自分のための時間なんて 少しも無かったように思います。
講座を受講して 自分のために時間を使える「修練」は
それはそれは 幸せな時間です。
12時真言の念訣をしながら「修練」が出来るなんて

本当に夢のようです。

講座を受講して修練をしていると 毎日 驚くことばかりでした

日焼けしたように 黒かった顔色も 日ごとに色白になりました。

足が痛くて、椅子にしか座れなかったのに 
いつの間にか 座布団に座って修練が出来るようにもなりました。
歩くスピードも ずいぶん速くなりました。
*********
そういえば 
私も修練をはじめた 20年ほど前には
初々しい気持ちと😆 
驚きを持って 修練に励んでいたのだと思います。😅

 

神様の言葉増田先生, 日之本元極, 飛騨高山

7月2日に 関東上級に現れた「火球」の正体は、

直径数十センチの隕石である可能性が高い

*******

このニュースを聞いたときに 
これから起きるであろう 出来事とは
「地震」だけでは無いんだぁ~ 

こういうことも あるのかも知れない

「としのぶが なくなります」という言葉の中身は
何を示しているのか わかりませんが

ひとつや ふたつの 出来事では無いのでしょうね

先日、増田先生が独り言のように つぶやかれた言葉が

とても印象的でした。

「神様が、世界中の経済も人も縮小する出来事が起きます。」と
何年も前から 降ろされていて 
「そんなことが本当に? 起きるんだろうか?」と 思っていたけれど

新型コロナウイルスの出現によって 本当に! 現実になったね。 と

わたしたちは、
神が降ろす言葉には 意図があるので
その時には、結果が違っていて「嘘」のような出来事もあるのです
けれど、未来の出来事が解っている 神界からの指令なので
何があっても 指示された通りに 行動することにしています。
秋が来る前に、準備をすべて終えておきなさい。
「としのぶが なくなります」
「秋が来る前」とは、
たぶん 「立秋」(8月7日)を意味していると思います。

 

すでに、都市を離れて 高山に来る決意を固めた方もおられます。
「嘘」かも知れませんが、神が降ろされたとおりに 
行動してみる価値は あるかも知れません。
そもそも その「価値」さえ 何なのか? 
我々には解らない のですけれど

高山にきませんか?

午後11時の気温 17度
肌寒い位の 過ごしやすい気温です。
深呼吸も出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

神様の言葉, 神社、仏閣日之本元極, 飛騨高山

修練者のOさんから、体験談が届きました。
ご紹介します。
**********
高山市新宮町にある「新宮神社」に
全国から 神々が大挙して おいでくださったので
名称が「本宮神社に変わりました」という

ご説明だったので「そうなんだぁ~」とは思っていたのですが

「自覚したり」「実感したり」「見えたり」「聞こえたり」
することも出来ぬまま参拝を続けていました。
ところが 先日お参りしたところ
目を閉じても 明るい光が見えました

ドクンドクン と眼に拍動するエネルギーを感じたのです。

これが 本宮神社になった エネルギーなんだ!
これが 宇宙の神様も 世界中の神々も
集まって来られた 神社のエネルギーなんだ!と
実感できました。
本宮神社を後にしても 
眼の奥に 明るい光が残っているかのように
景色がまぶしく 光って見えました。

とっても不思議な 奇妙だけれども 幸せな瞬間でした。

新宮神社は 本宮神社に

本当に 変わったのだと 実感できた瞬間でした。

 

 

 

12字真言, さとりの法 さとり, 数霊神霊符, 日之本元極

私が「数霊神霊符」のパワーの凄さを 

本宮修練舎の中で 話していた時に

スタッフのSさんが、
「数霊神霊府を買いました。」

「念訣の力が強くなると聞いたので買いました。」と言ったので

「それでどうだったの? 響きが変わった?」と聞くと

「解らないんです。」と答えが返ってきました。

早速、神霊符の効力の 検証実験をしてみました。
まず、神霊符を持たずに「12字真言を唱えます」

その後に、神霊符を持って「12字真言を唱えます」

数霊神霊符を持っているか? 持っていないかで

念訣の響きが大きく変わります。

数霊神霊符を持って念訣をすると 自分でも驚くほどに
深く広く、大きく遠く、響きが拡がって 

宇宙に 届くかのような感覚を感じます。

本宮修練舎には「数霊神霊符」などなどの
すべての神霊符の見本がありますから、

手に取って、念訣をしてみて 試してみてください。

「悟る力」があれば はっきり明確に解ります。
「悟る力」は、「さとりの法」を受講すると

 悟る能力が渡されます。

 直感して、悟ることで 人生が大きく変化します。

あとがき
増田先生にお話しました。
スタッフのSさんは、本当に「いい人です」よね。
増田先生が「これいいよ!」と言っただけで、信じて買った!なんて

私なら、自分で確かめないと 絶対に買わない! とお話したら

だって、あなたは「悪い人だから……ネ」と
お返事がありました😅

 

「場」の良し悪し, 日之本元極「場創りセット」, 日之本元極, 飛騨高山

先日のこと

東京から 高山に来てくださった ご家族がいらっしゃいました。

講座を受けたり 修練をしたり 

和やかに ご家族で過ごされているご様子でした。

本宮修練舎に来ている 何人かの修練者が

「家族揃って修練できるなんて、いいですねぇ~。」と

言っておられたことが 印象的でした。

日之本元極の修練は、

無形のエネルギーを扱っているので

効力はあっても、結果が良くても

怪しくて 信じていただけないことが多いので

「ご家族揃って修練できる」ということは

めったにあることでは無く とっても うらやましい事です。

そのご家族が、ご自宅に帰られた時のご様子を

メールで知らせてくださいました。

短いメールの中に、和やな交流が聞こえてきそうなお便りです。

ご紹介します。

*********

自宅に無事に到着しました。

車から降りた途端、息子が、

「鼻が詰まった感じになるね。」

「やっぱり 高山とは全く違うんだね。」 と言いました。

その言葉を受けて 長男が、

「家の中に入ったら また違うはずだから大丈夫だよ。」

「場づくりさせてもらってるからね😊」と言いました。

長男が言った通り、家の中の「場」は全く違いました🍀

「楽に深呼吸できるねぇ〜」 と みんなで喜びました。