気絶神倉法修練, 増田先生, 邪気

修練者のYさんから、高齢のお父様の変化について

お便りをいただきましたので、ご紹介します。

***************

実家の両親は、高齢ながら夫婦二人で

助け合って、元気に生活しています。

特に、父親は90歳を超えても 視力も良くて
頑固ながら気力もあり、車の運転を続けています。
大きな事故は 今のところないのですが、
交通事故のことが、心配で仕方が無いので
「運転を止めるように」と説得をしても

絶対に止めようとしません。

そこで、何かよい方法はないものかと思い

増田先生にご相談をしたところ

家の場を良くする「場作りセット」を設置することと
「気絶神倉法」を実施して、頑固な心をほぐしてみてはどうでしょう?

と ご提案くださいました。

これまでにも、増田先生から、
ご提案いただいたことを 信じてその通りに実施してみると
思った通りの 良い結果となったことが多々ありましたので
すぐに「場創リセット」の設置をして

「気絶神倉法」を父親にお願いしたのです。

ところが、父親の頑固さもたいしたモノで
すぐには 運転を止めるようにはならず

しばらくは、もやもやと我慢の日々が続きました。

施術開始から 一ヶ月ほどたった 先日のこと

びっくりするような 出来事が起きたのです。

40年ほどもの間、想い出のカケラ(衣類や趣味のものなど)を
大事に大事に仕舞いこんで 何一つ処分できなくて
物置と化して ゴミ置き場のようになっていた部屋を 

父親がきれいにかたづけてくれたのです。

おまけに、ホコリがたまり、汚れがたまりに溜まっていた
部屋の隅々まで きれいに掃除されています。
窓ガラスも きれいに磨いて、カーテンまでも!
新しいモノに変えてありました。
(ちょっと趣味は違うのですけれど……<(_ _)>)
これまでにも、何度も何度も 処分したいと伝えたにもかかわらず
頑固な気持ちは、かたくなに動かなかったのです。
「生きているうちは無理無理!」と諦めていたのです。

本当に、びっくりしました。不思議で 不思議で仕方がありません。

増田先生が、おっしゃっていた「心をほぐす施術」(気絶神倉法)は
古いモノへの執着を捨てるために「心」をほぐす 

長年の垢を捨て去るように「心」をほぐす 施術だったと納得しました。

日之本元極の功法は
人の身体が、変化して元気になっていく功法だということは
私自身の体験として 身をもって体感していることですが
人の「心」も変えることができる功法なんだ 
ということも分かりました。
今日も 階ヒト動功「めぐりみ・めぐりき」の修練をしたところ
途中で、身体がド~ンと重たくなって
「もう止めたい」「早く終わりたい」という
気持ちに捕らわれたのですが、
修練が終わってみると スッキリと爽快 さわやかな気分になります。
その結果 何に対しても「頑張ろう」という 

前向きなやる気が出てきます。

本当に 不思議な変化が 私にも家族にも起きています。
理解できないことだらけですが、
これからも 修練を続けていこうと思っています。

 

神様の言葉増田先生, 日之本元極, 飛騨高山

7月2日に 関東上級に現れた「火球」の正体は、

直径数十センチの隕石である可能性が高い

*******

このニュースを聞いたときに 
これから起きるであろう 出来事とは
「地震」だけでは無いんだぁ~ 

こういうことも あるのかも知れない

「としのぶが なくなります」という言葉の中身は
何を示しているのか わかりませんが

ひとつや ふたつの 出来事では無いのでしょうね

先日、増田先生が独り言のように つぶやかれた言葉が

とても印象的でした。

「神様が、世界中の経済も人も縮小する出来事が起きます。」と
何年も前から 降ろされていて 
「そんなことが本当に? 起きるんだろうか?」と 思っていたけれど

新型コロナウイルスの出現によって 本当に! 現実になったね。 と

わたしたちは、
神が降ろす言葉には 意図があるので
その時には、結果が違っていて「嘘」のような出来事もあるのです
けれど、未来の出来事が解っている 神界からの指令なので
何があっても 指示された通りに 行動することにしています。
秋が来る前に、準備をすべて終えておきなさい。
「としのぶが なくなります」
「秋が来る前」とは、
たぶん 「立秋」(8月7日)を意味していると思います。

 

すでに、都市を離れて 高山に来る決意を固めた方もおられます。
「嘘」かも知れませんが、神が降ろされたとおりに 
行動してみる価値は あるかも知れません。
そもそも その「価値」さえ 何なのか? 
我々には解らない のですけれど

高山にきませんか?

午後11時の気温 17度
肌寒い位の 過ごしやすい気温です。
深呼吸も出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

さとりの法 , 受講生との会話, 日之本元極, さとり, 増田先生

私が修練をする目的は

「元気で長生きしたいからです」と 話してくださったHさん

しかし、病状は深刻でした。
医師からも「これ以上の生存は難しい」と告げられた時

とうとう、増田先生が深刻な宣言をされました。

次の世に希望を繋ぐ 明るい希望の光の見えるお話でした
肉体が失われても 神上がって次の世に残って

無形の存在として 生き続けてください。

その道案内をするのが、日之本元極の本来の仕事です。と
最後の一瞬まで 修練を継続する努力を

惜しまないようにと 励まされたのです。

最後の最後まで 落ち着いて心穏やかに 修練を継続することで
次の世に 残れる可能性が繋がります。

決して、諦めないで「修練を続けてください」と 繰り返されました。

肉体を失う時は、死ぬ瞬間ですから 

悲しいし、怖いし、寂しいし 考えれば考えるほど辛いのです。

けれど 増田先生の お話を
黙って涙しながら 聞いていたHさんは、

お話の途中から 明るい笑顔が観えました。

そして
部屋を出るときには 決意を込めて 
かすかに我々に聞こえるように 独り言の決意を

つぶやかれました。

「ヨシッ! 修練ガンバロ!」 と 

涙を拭って ニッコリされました。

肉体を失っても 次の世で生きることの深い意味を

悟ることの出来た 一瞬に立ち会えたのです。

「健康で長生きしたい」これは誰もの願いです
しかし、叶わぬ時には どう生きるのか?
努力の中身が問われています。

 

12字真言, 好転反応, 日之本元極エネルギー, 増田先生, 好転反応, 神霊符

「数霊神霊符」(かずたましんれいふ)を購入された方から 

ご連絡がありました。

入院しているご主人の 回復を願って
奥様が「12字真言」を熱心に 唱えておられたので
もっと、願いが通じるようにと思って 私は

「数霊神霊符」をお勧めしたのです。

増田先生がパワー添付してくださり
ようやく 「数霊神霊符」がお手元に届いた頃に

私は、電話をかけてご様子を伺いました。

奥様がお話くださったことは

今から30分ほど前に「数霊神霊符」を持って
1時間ほど「12字真言」を唱えるからね。 と
病院に入院して 療養中のご主人に伝えて 
念訣をはじめて 30分ほど経った 先ほど

「30分前から、頭が割れそうに痛いぃ~」

と電話がありました。
「あと30分。もう少しだから頑張って!」と言って 励まして

ご主人の電話を切った時に、私の電話が鳴った!そうでした。

電話で事情を聞いた私は、答えてお話したのです。
「それは良かった。好転反応だから我慢してもらってください。」
「不安な痛みの我慢は辛いけれど、これは好転反応。😁」
「エネルギーが届いている痛みだから、大丈夫!」

とお伝えしました。

いくら、好転するとはいえ「痛い」のは、嫌でしょうけれど
こういう好転反応の痛み等などを いっぱい体験している私は

「我慢!我慢!」を繰り返すしか、やり過ごす方法が知らないのです。

それにしても
「数霊神霊符」のパワーは凄いです。
思いや願いを込めて 12字真言を唱えることで

エネルギーが 遠く離れた病院にいるご主人に届くのですから

ご主人は、頭の割れそうな ひどい痛みを 

ずっと! 我慢しておられたそうです。

つづく

 

 

 

日之本元極増田先生, 気のエネルギー, 邪気

6月5日 芒種錬功会 
生言霊「智慧の脳天法起術」を受けました。

Tさんの体験談のご紹介です。

********

増田老師から受けた 生言霊「智慧の脳天法起術」が、
かなり強烈だったみたいで、
手から全身 ビリビリ、くらくらしてて、
帰りの駐車場までも、気持ち悪いやら、
全身の倦怠感で、かなりヤバかったんですけど、

1時間ほどしたら、やっとでスーッと楽になりました。

あれは・・、
老師の「氣」にあたったような 症状だったんでしょうか?
入門講座で増田先生に「笑いごとじゃないよ」って言われたのは、
このことだったとか??
増田先生が終了後に一言「これは、Tさんの邪気かな・・。」と。
自分の邪気に やられていたんでしょうか?(そんなに出てました?)

それとも 頭の悪い人には 強く作用するとか・・“(-“”-)”

いずれにしても、
寝ているだけ と高をくくってましたが、
とんでもなく 身体にズシンときてビックリでした。
みんな、なんともなかったのかと、逆に聞きたいくらいでした。

受講生との会話, 日之本元極修練, 元極功法, 増田先生, 日之本元極

先日、講座を受講された Tさんから
体験談を寄せていただきましたので ご紹介します。
*******
階ヒト講座Ⅰ 理論を受講しました。

増田先生が教えてくださいました。

講義の時に、増田先生が
「天地に繋がって場を創ります。」とおっしゃって
「場」を創り始められた 途端

私は、70㎝ほど 離れた場所に座っていたのですが

「圧!」がかかって「空気に押される」という体感をしました。
増田先生が、天地に繋がった場所に 「立ってみて」
とおっしゃたので その「場」の中に入ろうとしたら

「圧!」があってヨロけてしまったんです。

そのことを老師に伝えたら 
「あなたは修練が足りない」と言われました。
私は「その通りだなぁ~」と思って 思わず自分で大笑いしたら

笑い事じゃないよ!」と たしなめられました。

なぜ笑い事じゃないのか、増田先生の体験談を聞いて、納得。
私は、その後に「生言霊」を受けたのですが、絶不調となりました。
大笑いしたバチが当たった(?)とか 思ってしまいました。
昨日は、いろいろと
増田先生の凄さ(面白さ)を体感できた日でした。
つづく

元極グッズ, 受講生との会話増田先生, 日之本元極

ある敏感な修練者が、

増田先生が開発した「神霊符」を購入されました。

「去病健身神霊符」「数霊神霊符」「邪魔末濁防御神霊符」
「言霊発揮神霊符」「戻戻正常遺伝子神霊符」
「放瀉(ほうしゃ)修祓(しゅばつ)邪気神霊符」

などの様々な「神霊符」がありますので

「どれになさいますか?」と お聞きしましたところ

「全部!」😳と応えておっしゃいます。

「どんな作用をお望みですか?お好みの神霊符を選んでください。」と

再度お伝えすると、再び「全部!」🤓と おっしゃいます。

続けて 
「増田先生が、工夫して創られたモノだから 全部ください!」
「これまで、どれだけ助けていただいたことか。

 だから全部ください。」と答えられたのです。

私は、あまりにも明快な答えだったので 棹さすように伝えました。

「それでも 効果があるかどうかは まだ発売したばかりで解らないです?」と言うと

「増田先生は これまでにも 何でも研究して工夫されるし、
 効果が本当に無かったら 率直におっしゃるし 
 すぐに、作り変えてくださるから大丈夫!」

と おっしゃって すべての種類の 神霊符を全部購入されました。

私は、何枚も重なって分厚くなっている「神霊符」をみて 
またもや言ったのです。

「こんなにたくさん、身につけておくことは難しいですよね。」と 

すると
「大丈夫ですよ。
 こうして購入することによって 神様は ちゃんと見ておられて
 私を応援してくださるんですから……」

 たとえ、忘れて持っていなくても ちゃ~んと!効力が発揮されるんです よ。」

 と 教えてくださいました。

なんとも 不思議なことですけれど
この修練者のように、
信じて「神霊符」を買った方の中には 無くしてしまったり、

洗濯機で洗ってしまって 失ってしまう方々が おられるのですが、

その中の何人かの修練者は、

「失っても存在が残っている」 と お話をしてくださるのです。

無くしてしまってから 気がついたんですけれど
「神霊符」は、失ってしまったけれど、
買ったときから いつも いつでも
身体に 神霊符の存在がありましたし
それがまだ、身体に残っている感じがします。

信じて買うことに 意味があるんじゃ無いのかな? と思うのです

不思議です。

 

 

12字真言, 日之本元極増田先生, 日之本元極, 言霊

先日のこと
増田先生が、ある修練者に 指示を出されました。
「12字真言」を24時間 いつでも唱え続けるように と
体調が悪くて なかなか回復しないことを苦痛に感じたり
精神的に 不安定になることが多いので 
マイナスのことを 考えてはいけません。
不安な気持ちになった時には 
愚痴を言わないで 不安な気持ちを口にしないで
12字真言を唱えなさい
と指示をされたのです。
その時の指示を 以下に掲載しています。
修練者の皆さんも 12字真言の念訣を頑張って 継続してみてください
 

*********

3点感じるところがありますので、対処してください。

1元極が圧倒的な効果を現すのは、訣を念じることにあります。
 あなたからは あまり 訣の響きが伝わってきません。
 よって 癖になるまで、毎日
 歯を磨いているとき
 ものを食べているとき
 話しているとき
 考えているとき
 などを除いて、 
 小さな声を出して12字真言を 唱えなさい。
 1日可能な限り24時間に 近づけるように努力します。
 もちろん まわりの人々に 気がつかれない程度でかまいません
 2.他のあまりよくない響きが頻繁に伝わってきます。
 それが体調にも 悪い影響を与えていると思います。
 原因を突き止め、悪い響きを出さないようにこころがけてください。
3.「邪魔末濁神霊符」を身につけて 
  悪いものから 心身を防御するようにしてください。
 仕事によって受け取る邪気や「2.悪いの響き」の邪気から守ってくれます。
 

12字真言, 日之本元極24節気, 元極功法, 増田先生

気功教室 日之本元極の 
修練の根幹は「12字真言」を念訣することにあります。
階ヒト入門講座を受講したのち 静功(静かに念訣をする功法)を学んだら

「12字真言」を繰り返し唱えることで 雑念を一掃する修練をします。

この静功は、元極功法八百数十年の歴史の中で 長く引き継がれてきた修練方法です。できるだけ長い時間継続することによって 修練効果が上がるのです。

ある時、増田先生は

2時間の 節気の静功会を担当されました。
その静功会に参加した 余りにも未熟な修練者たちの 
静功がうまく出来ない現実を 目の当たりにして

驚くと同時に 大層嘆いて とても残念に思われたのです。

身体を正しく保てなくて 姿勢が悪くなってしまったり
眠ってしまって コックリコックリを繰り返したり

念訣に集中できずに 体や手足をゴゾゴゾと動かしたり

あまりにも未熟な事態に
2時間の予定の修練時間を 30分で切り上げて
後の時間は 静功の修練について 修練者を叱りつつ

静功の奥義を 伝授してくださいました。

ただただ、叱っただけではなく この現状をなんとか打破して
誰でもが「静功」の修練が出来るように 手助けしてあげたい。 
という 優しい願いを出発点にして

考案してくださったのが、以下の念訣です。

正身滅無明 (せいしんめつ むみょう)
念訣聴音  (ねんけつちょうおん)

雑念掃清  (ざつねんそうせい)

この念訣を繰り返すならば
姿勢を正して、無明を滅することはすべての修練の基本となり
念訣を静功の念訣と 12字真言を繰り返すことによって

念訣を聴いて繰り返し 悪しき雑念を掃清することができる

さらに、精神の集中度が向上して「静功」がうまく出来るようになる
そんな願いが 込められた念訣です。
この念訣を静功の録音教材の中に、収録してくださってからは
多くの修練者たちは、次第に修練がたやすく出来るようになって
今では、2時間の修練を難なくこなせるようになってきました。 

ほとんど動かず、集中して 静かに修練できるようになったのです。

「12字真言」の念訣は、宇宙に響く念訣です

宇宙からエネルギーが届いて 雑念を掃清する力が働きます。

今日一日の雑念を払い 空っぽの気持ちになって

新しい気持ちで 一時一時を 生きることを可能にする念訣です。

皆さんも 「12字真言」の念訣をお続けください

 

はな さとり, さとり さとりの法, 増田先生, 日之本元極, 気功教室

昨年のこと

増田先生が満開に咲いたを観て おっしゃった言葉は

今年の桜は ちっともきれいじゃないね😞」でした。

桜の花を見て「きれいだなぁ~」と 感じていた私は

「えぇ~!どうして?🌸」と驚きました。

「だって、ほら~ ちっともきれいじゃないよね。」と

増田先生は 繰り返しておっしゃいました。

「その気持ちが分からない!」と 私は思っていたのです。

ところが今年のこと 

私にも同じ心境の変化が起こりました。

沿道に満開に咲く 桜の花を見て

「ちっとも きれいじゃない。😆」と ふと思ったのです。

春の訪れを知らせる 桜の花は 明るい光を含ませて

キラキラ輝いて見えていたのです。 昨年までは!

ところが どうしたことか?

今年は、少しも嬉しくもなく、

きれいでもなく わくわくもしない

これは、コロナウイルスの感染拡大による

緊急事態だから、自粛生活の気持ちの落ち込みかな? と

そのわけを探ってみていますが、

なぜだか分かりません。

とにかく、桜の花は きれいではなく

艶やかさもなく

ただただ、ピンクの花を満開に咲かせた桜の花の 

実際の景色だけが 眼に入ってくる印象です。

桜の花がきれいではないのは、どうしてなんだろうか?」という

疑問を保留したまま

立夏特別講座 5月1日に 日之本元極の増田先生の

「さとりの法」「さとりののりあいぶね」の講座を受講していて

無形の世界の意識が生まれ変わる 場所である「はな」

無くなったと 教えていただきました。

もう、我々の意識は輪廻転生することさえ許されずに

このまま、消滅するか 次の世に生き残るかの

瀬戸際にきていて、

すでに選択肢はほとんどないそうなのです。

我々は、努力して世の中のために 人のために

命を燃やして生きなければ、次の世には残れない「時」を迎えた。 と

そうか!

無形の世界の「はな」が消滅したので 

桜の花も輝きを失ったのか?」

無形の世界の「はな」

有形の地球上の桜の「はな」とは 連動していて

美しさも失われてしまったんだ! と 思いつきました。

本当の原因は何なのか? 未だにわかりませんが

沿道を埋め尽くすほどの 桜の花びらを見つけても

わくわくするような 躍動する喜びは 消えてしまいました

残念