日之本元極, 未分類増田先生

シリーズでお届けしています。 1から順に読んでください
********
そもそも 増田先生と熊野速玉大社の摂社となる「神倉神社」との出会いについて

30年ほど前の いきさつからお話ししたいと思います。

もともとは、神社などに興味は全くなくて、
神様などの存在を信じていなかった増田先生は
神社などで、長々と祈っている人々を見て「ばかばかしいことだ」と 思っていらしたそうです。

東京に住まいしておられた約30年ほど前のことです。

熊野三山に「ご縁」を感じた出来事 (増田先生からの聞き取りです)

①母親が、老人会か?どこかで「古語辞典」をもらって来ました。
すぐさま母は「この辞典、私にはいらないから、あなたにあげるわ!」と手渡されたのです。
辞典の中をパラパラとめくってみると「熊野三山」の項を偶然開きました。
「熊野三山」って、どこにあるんだろう? と少々の内容を読みましたが、

気にも留めないで辞典は終ってしまいました。

②翌日のこと、普段からテレビを見る機会はほとんどないのに、
偶然テレビをつけたら「熊野三山」の紹介の映像でした。
「そういえば、昨日、古語辞典で読んでいたところだなぁ~」

と思いながら、重なった偶然を多少は奇妙に感じていました。

③さらに、翌日
新聞を開いたところ「熊野三山」の特集記事が載っていたのです。
「仏の顔も三度まで」ということわざもありますが、さすがに偶然が三度続くと

「神様が呼んでいる」と思うようになりました。

④「熊野三山の神様が呼んでいる」「行ってみようかな?」と思っていた矢先に
大阪の受講生から講座の依頼がありました。
三重県熊野市は、紀伊半島にあり大阪から行くことも可能です。
この機会を逃さずに行ってみよう。

と 思い立って大阪から鉄道とバスを乗り継いで、本宮、那智の滝、速玉大社をめぐりました。

⑤予定通り、滞りなく参拝を済ませてバスに乗って帰路に就こうとしていた時に
バスの車窓から、振り返って山の上のほうを眺めたのです。
その時に、目に飛び込んできたのは真っ赤な鳥居の「神倉神社」でした。

これが衝撃的な「神倉神社」との出会いです。

⑥「あれは、何だろう?」という気持ちは、
「あの場所に行かなければならない」という確信に変わりました。

居てもたってもおれなくなって、すぐさま次のバス停で降りてしまいました。

⑦バスから降りて、近くの方に聞いてみました。
「あの山の上の赤い建物は何ですか?」
「あぁ~ あれは神倉さんですよ」
「神倉神社という名前ですけれど、地元では神倉さん!」と呼んでいます。
「いい神社ですよ。少し歩きますけれどね。」と 話してくださいました。
あの山の上の「神倉神社」に行かなければいけない。

その思いを一心に歩き始めました。

⑧神倉神社の前に到着すると、
巨大な岩が ゴロゴロと急な階段を創っていました。
意を決して、巨大岩の階段に挑戦して山に登り始めました。
その山の坂の急なこと、岩の大きなこと、巨大な岩の階段を登るためには、
両手をついて、腕で支えて身体を持ち上げつつ登らなければなりません。

ようやく、たどり着いたのは 

巨大な ことぶき岩のある山頂です。

ここに きれいな朱塗りの お社がありました。

この神倉神社の階段を昇る道中で

不思議な出来事が、いくつかありました。

つづく

日之本元極, 神様の言葉増田先生

昨日、神倉神社の神様が、

降りてこられて お話しくださいました。

これまで授けてきた「神倉石」の効能を 
今回 100%になるように さらに追加・補足して 

授けることとします。

これまでの力は、二分の一ほどでしたから
今回お渡しする 100%の力を発揮すれば、

その効能は素晴らしい結果を生み出すことでしょう。

増田は、この力を与えられたことによって、
ますます活躍することになりますが

これまで以上に 精進しなければなりません。

今後の普及活動に邁進して、努力を積み重ねなければないりません。
「力を与えられた者は、首を垂れて 高慢な態度をとらない。」
これは、元極功法の伝統です。

 

*************

このたび、神倉神社の高倉木の神から 
増田に大いなる力が与えられました。
「神倉石」の効力は 気絶神倉法の施術だけではなく
日之本元極のあらゆる功法の効力、施術、貫頂、エネルギーグッズなどにも
効力アップの影響がおよび
確かな結果が 

どなたにもまんべんなく届くようになりました。

*******

三重県新宮市の神倉神社は、熊野速玉大社の摂社です。
神倉神社の神様には、何度もお話しいただいています。
神倉石は、神倉神社の神様から 与えられた
宇宙のエネルギーを受け取ることができる「石」です。
高山に、最初に開いた 練功室の庭を
掘り起こしたら出てきた「石」です。

これまでのいきさつについては、引き続き記事を書いてご説明します。

お楽しみに

日之本元極, 未分類コロナウイルス, 増田先生

2020年から1月末から
コロナ感染症に働きかける「無形ワクチン」は
「無形ワクチン・コロナイン」と 命名してスタートしました。
約一週間の間に、遠隔施術によって、エネルギーを届けながら
コロナウイルスに対するワクチンを「無形の肉体」に定着させる方法です。

その後 2021年1月に名称を
「無形ワクチン・HINOMOTO」に変更しました。
より多くの方々への施術を目指して  副反応を軽減し
添付するパワーも バージョンアップしました。

2021年1月13日には
東京都新宿区の住民の皆さん 約33万7千人を対象として
「無形ワクチンHINOMOTO」を遠隔にて実施。
すでに感染している方々や 病弱な方々には 重症化しないように
気絶神倉法(エネルギーを遠隔で送る施術)を併せて施術しました。

「無形ワクチンHINOMOTO」は 
感染者の一番多い新宿区の皆さんに対して、どのように効力を発揮するのか?

元極功法の修練者や関係者だけの 施術では判明しない事柄が 
もし、明らかになれば 
より多くの方々に 「無形ワクチン・HINOMOTO」を 
お届けできる事を願って 新宿区民を対象として施術した訳です。

ところが その後の経過は 
感染者の数は 減少傾向になったものの
目に見えて 変化、減少する実態はなく 
数字的な評価は 残念ながら確認できませんでした。

2021年5月はじめに
「無形ワクチンHINOMOTO」を家族ぐるみで施術した 
10代の方から PCR検査が陽性(本人は無症状)になった 
との報告を受けたのを 機にして

無形の肉体(気の流れている身体)と 

「有形の肉体」(物質としての身体)は
修練をしない多くの方々では 合致していないために 
無形の身体に届けた 「無形ワクチン・HINOMOTO」を施術していても
無症状ながらも PCR検査の結果は陽性となるケース等がある
事実が明確になりました。

日之本元極の功法の修練をする事によって、

「無形の肉体」と「有形の肉体」とが一体となって作用します。

よって、修練者においては
「無形ワクチン・HINOMOTO」の功力は、
有形の身体へ届きやすく定着しやすいわけです。
「無形ワクチン・HINOMOTO」は、
全く修練をしていない方(知人・友人・親戚縁者)にも施術されていますので、
「有形の肉体」と「無形の肉体」への連携がうまく取れていなかった可能性が予測されました。

そのため、増田庸文老師により 

「無形の肉体」と「有形の肉体」をつなぎ合わせて 
時間の枠を遡り 時空を越えて接種済みの方々を含めた
すべての方々に
「無形ワクチン・HINOMOTO」のバージョンアップ版を
再度届ける施術がなされました。
(増田のブログ 2021年5月11日記事参照 YouTube参照)

さらに、新宿区の住民の皆さんのみならず、通勤・通学を含め
新宿区に滞在される 皆さん方に 
「無形ワクチン・HINOMOTO」は作用するように設定されました。

今後の感染者の動向にご注目ください。

この「無形ワクチン・HINOMOTO」の施術を受けている方は
2021年5月13日の時点で 320名います。
その中で PCR検査データーの陽性が判明した(2例)

感染の症状が出た(1例)の具体的な事例をご紹介します。

今後も PCR検査や抗体検査の結果など 何か変化がありましたら
どんなことでも お知らせください。

以上、これまでの経過について とりまとめてみました。

*******************
事例

① 2021年5月 PCR検査が陽性でした。10代
 「無形ワクチン・HINOMOTO」を2020年に家族全員で受けた。
 学校で感染者と濃厚接触。
 クラス全員が、PCR検査を受けた。本人には陽性の判定が出た。
 発熱などの症状は全くなく、一週間の隔離後自宅でも症状が全くなく元気。
 同居の家族5人も濃厚接触者なので、家族全員がPCR検査を受けたところ
 他の家族は全員陰性だった。
 同居の家族も発熱や肺炎などの症状は全くなく、元気に生活している。
 陰性者も陽性者(一週間はホテル)も 2週間の待機を命じられた。

② 2021年5月 PCR検査が陽性でした。20代
 体調が悪化した友人がPCR検査を受けたところ陽性だった。
 濃厚接触者だったので、PCR検査を受けたところ陽性の判定が出た。
 全く無症状で、味覚の変化もないが、ホテルでの待機を命じられた
 同居の家族は、陰性
 
③ 2020年1月 PCR検査は陰性。発熱などの症状がありました。
 学校で感染者と会話した。
 濃厚接触者なのでPCR検査を受けたところ陰性だった
 家族もPCR検査を受けたところ、陰性だった。
 最初に喉が腫れた感じがした。

 熱が38度ほど出たものの「貫頂」を受けたら熱は下がった
 現在は通常の生活をしているが、味覚が変化した感じが多少続いている。

***********

日之本元極バージョンアップ, 修練

2021年 5月1日に

「階ム 六神秘功手当法」の録音教材が、
カタカナの響きに変更されて 新発売されました。

すでに 熱心な修練者の方々から

体感された印象などを お知らせいただいているところです。
その中に「六神の神が大きくなりました。」と

書いてくださった方がおられました。 ご紹介します。

*******

エネルギーの量の変化はよく分かりませんでしたが
ひとつ 驚いたのは 
六神の姿が それぞれ大きく現れたことです。
しかも ひとつひとつの神の姿が より鮮明に映し出されました
これまでの修練で 実感していた 神様の姿の

「倍」ほどの大きさだったので ビックリ‼ しました。

**********

日之本元極の功法の修練は、
身体の中に、六臓六腑の神々が内在されているので
その姿をイメージ(内視する)しながら修練をします。
修練者の中には、内在する神々の姿が、判ったり、
実際の姿が 目で見たときと同じように 

「見えたり」する方がおられます。

今回ご紹介した 修練者は、
講座を受講し修練を始めてから 1年と数ヶ月ですが、
日常的な修練の積み重ねと 講座を熱心に受講する努力によって、

神様方のご守護が 与えられた結果の体感だったのだと思います。

何事も 信じて継続する努力を重ねることで叶うこともあるのですね。

 

元極グッズ, 日之本元極バージョンアップ

 2013年に画期的な功法

「免疫力活性適正化手当法」が階ムの功法として誕生しました。

この公開以来 修練者の皆さんに愛されて、
活用されてきた録音教材「免活手当法」が
2021年4月14日
功力を大幅にあげて生まれ変わって誕生しました。
従来と同じく、再生して聞いているだけでも、

修練効果が届くように設定されています。

今回のバージョンアップの特徴は
・元極掌門人増田庸文の無形の地位が上がったこと
・力添えしてくださる神々が増え
 修験道の開祖「役行者」にもバックアップいただけたこと
・「18字真言」(静功の要諦講座にて公開された)が、

 重複して録音されていること
・邪濁を祓い清める力が強くなって、邪魔が払われたこと
 などです。

これらのバージョンアップによって
免疫力を「活性化して適正に保つ働き」が、さらに強力になりました。録音終了後に、功力を確認してから新価格が設定されました。

旧価格の倍以上の評価です。
きっと、価格に見合う功力が届きます。

日常の修練に役立ててくださいますこと願っています。

「階ミ」のベテラン修練者でさえ「免活」の修練中に眠ってしまうほど、

もとより功力が高い功法です。

さらに、新録音教材を使って修練をすると、
どれほどの結果が届くのでしょうか? 

今から楽しみです。

どうか、一人でも多くの方々に、
新しくバージョンアップした「免活手当法録音教材」が
届きますように願っています。

日之本元極, 歩法修練

新しくなった録音教材の「神鳳遊歩功」を使って

1時間ほど歩いています。

身体がエネルギーになれてきたのか?
私の身体が、変化してきたのか?

好転反応のような さまざまな 不快な反応は出てこなくなりました。

「気持ちよかった!」そんな 爽快感が残ります。
「できる限り歩いて修練を増やそう」という前むきな気持ちも沸いてきます。
はじめて新しい録音教材を使って修練をしたときに体験した、

疲れ果てて寝てしまったような好転反応は、どこかに消えてしまいました。

そういえば 初回の修練の時に
「30分歩いて疲れて寝てしまった。」という話を

ベテランの修練者にしたら、

それは、修練を30分で止めてしまったから、疲れたのよ!
歩法は2時間歩くと、大体の好転反応は収まって、
歩いて疲れるような感覚もなくなって
身体がエネルギーで満たされて 
ルンルンな気分になって
身体は、もっともっと元気になるからね。

2時間ほど、歩くのが一番いいのよ!

と 教えてくださいました。
私は2時間は歩けないのだけれど、
毎日30分以上は歩きたい。と思っています。

そんな 話を聞いていた修練者が、質問をしてきました。

「こんなに寒い高山の街で、歩ける場所なんて無いですよねぇ~~」と

すかさず、ベテラン修練者のNさんが応えて話してくださいました。

「歩法」は、どこでも歩いていいのだから、
ショッピングサセンターとか、スーパーとか、
換気を良くした家の中でも、意念を持って歩けばいいのよ。

と アドバイスをしてくださったのです。

「へぇ~ そんなこと はじめて聞いた!」
「知らなかった!」

と、びっくりしていました。

ここで、増田先生の一言

歩法はどこでも、修練が出来るように創っています
ですから、どんなところでも 歩いてもかまいません。
寝たきりの方でも 歩く意念をもって、
録音教材を聞いても効力が届きます。
とにもかくにも 修練をすることから、すべてが始まります。

 

日之本元極, 歩法修練

新しい録音教材「神鳳遊歩功」の修練のお便りをいただきました。
ご紹介します。
新しく録音された「神鳳遊歩功」の修練をしました。
録音教材を購入した時から すでに 軽い頭痛があったので

初回は 20分歩いただけです。

それでも 身体は ポカポカになり 

この冬の寒さを忘れるほど 身体の芯から温かくなりました。

私は、修練をすると 気の巡りがよくなって、
手のひら(内労宮)が赤くなるのですが
今回は 真っ赤になったことはもちろんですが 
それだけでは無くて 

労宮から ドンドンエネルギーが入ってくる感じが 半端なくありました。

頭のてっぺん(百会)が大きく開いて ザワザワしたかと思うやいなや

足の裏(湧泉)も開いて ザワザワと動いています。

湧泉から 地のエネルギー(地陰)を グングンと吸い込むように 
身体に取り入れている 感覚がわかり

足を上げるにも 思い切りが必要なほど 足が重たくなってきました。 

足の裏が 地に根付いてしまって

もっと、地のエネルギーを欲しがっているような感じです。

録音教材を聞きながら 約20分
頭(百会)・手のひら(労宮)・足の裏(湧泉)

の三門が開いている感覚を 体感しながら歩きました。

以前の録音教材ならば、2時間歩いても まったく平気だったのですが
この身体の中心部の ポカポカの暖かさは 
私にとっては 心地よいながらも 大きな衝撃だったので

そろそろ、止めることにしました。

これからも 毎日、少しづつ 歩く時間を増やして 

身体を慣らしていこうと思います。

それにしても 新しい録音教材は すごいです。
今後 さまざまな功法の 録音教材の発売が楽しみです。

歩法修練

昨日、新しく発売されている
「神鳳遊歩功」の録音教材を使って

歩いてみました。

高山市の桜の名所 苔川沿いを30分歩いたのです。
冷たい風が吹いていて、薄着を後悔しましたが
天地のエネルギーを取り入れて 満たされつつ

身体は冷えているのに 温かい。 不思議な感覚で歩き続けました。

途中 國津神社によって 参拝した後からは
軽い頭痛と吐き気も出てきて
エネルギー満杯の 歩功を 楽しみました😂😂
自宅に帰るやいなや、疲れてしまい 横になって眠ってしまいました。
私は、「階ミ」の修練をするようになってからは、
エネルギーの耐性があるからか
「階ム」の歩法の修練を 1時間してもそれほど疲れはしません。

爽快な気分になるだけです。

最近は、さらに修練時間を 増やしたので修練後に 

疲れて 眠ってしまうことは ほとんど無かったのです

ところが
今回の バージョンアップは 桁違いのレベルアップのようです。

30分眠って ようやく気分は爽快になりました。

身体も気分も 爽快にはなりましたけれど、
身体から猛烈な邪気が 出ている感覚が分かりました。
身体の どこもかしこも 臭いのです。

「ゴミ箱から匂いがしているのかな?」 と思ったほどです。

「たくさんのエネルギーを取り入れると 邪気もたくさん 押し出される」
この原則をすっかり忘れていました。
とくに、歩法は、精神的な邪気を祓う力が優れていたのです。
結局、お風呂に入りました。
皮膚からは、ブクブクと細かい泡がたちあがり

浴槽の水は 瞬く間に 白く濁りました。

🏃三門が 気持ちよくキッパリと開きます。
🚶毛孔竅穴もしっかり開いて、邪気の排出が抜群です。
🏃中脈が満たされて 百会と湧泉に通じて 

 より天地に繋がっている感覚が明確になります。

私の体感は「階ム」の段階の方々には、分からないかも知れません。
しかし、邪気の排出効果が上がった感覚は 

どなたにも 体感いただけると思います。

びっくりするほど 優れものです。

是非とも お試しください。

ワクチン, 日之本元極, 未分類天地

2021年2月4日 
天の命を受けて「新宿歌舞伎町」に行きました。
今までに感じたことの無いような 「場」の良さを感じて

とんでもなく驚きました。

2021年1月13日正午 
新宿区33万7千人の住民の皆さんに 一斉に 同時に 施術された
「無形ワクチン・HINOMOTO」の実施にともなって

「新宿の街の場」が大きく変化したようなのです

翌日2月5日に 宿泊するように指示された「場所」は
渋谷です。 渋谷は、若者の街
若者のエネルギーに満ちた 交差点の映像は
混雑が際立っていますが、田舎者からすれば

「うらやましいほどの賑わいです」

明治神宮にも 代々木公園にも近くて
これまでは、渋谷の街は 比較的「場」が良く

人が集まることに 納得がいくような「良い場」でした。

大きな優良企業の ビルにも出かけたことが何度かあります
この「場」の良さが 業績を後押ししているのだろうと

思うようなところでした。

ところが、今回の天命は 
「新宿」の後は「渋谷」に行きなさい。
二つの「場」の違いをきちんと把握してきなさい。

という内容でした。

新宿の街の「場」の良さを体験した後に
「渋谷の街」を訪問をしたのですから
たぶん、反対に「場が悪くなっているのかな?」

予想をしての 訪問となりました。

その予想は、的中はしたものの
予想を上回る「場」の悪さに、まず、身体が先に反応したのです。
渋谷の駅を降りるやいなや 「お腹が痛い~ぃ」
内臓が下がって お腹の内蔵が動かなくなり 

ガチガチに固まって 重くなった痛みです。

お腹のエネルギーが、足の裏や会陰から 
こぼれ落ちるように、流れて出て行くのが分かりました。
そういえば、この感覚は、どこかで経験したことがあるなぁ~ と
災難のような体感を観察していましたら 

思い出しました😆

「マニラ」です。
マニラの賭博場に 観光目的で行ったことがあります。
賭博場に 足を踏み入れた途端 お腹が痛くなったのです。

渋谷の駅で体験している「腹痛」と同じ感覚です。

マニラでは、お金の浪費と同じように 
「気のエネルギー」も浪費することが分かりましたので
すぐさま出口を探しましたら、
賭博場を一周しないと 出られない仕組みになっていたので

驚きつつ、大急ぎで賭博場から脱出した体験があります。

さらに、渋谷のホテルまで 歩く道すがら 
腎臓のエネルギーがこぼれ落ちて 
腰のあたりまで 冷たくなってきました。

身体も寒気にサラされている感じがして 寒いのです。

たぶん、
「良い場」と「悪い場」の割合みたいなことは、
天の原則によって 定めがあり バランスが保たれていて
「場の悪い」ところが「良い場」に変化すると

代わりに「悪い場」が出来てしまう原則があるのだと思います。

その原理原則に従って、
「場」の善し悪しが、大きく移動した結果 
「新宿の街の場」が圧倒的に改善して 良くなり

「渋谷の街の場」が、残念なほどに悪くなったのだと思います。

富士山の地脈から エネルギーを受け取っている東京は、
自然の原則から、ほぼ20年の周期によって 
「場のエネルギー」の街が 移動しているそうですが、
今回は 日之本元極の「無形ワクチン・HINOMOTO」の実施によって

場に変化が生じたようです。

この結果(新宿と渋谷の場のようす)を感じてみて、
神様は、本当に存在していて
日之本元極を応援してくださっているのだと 
はっきりと分かりました。
今後の 新宿を軸とする 感染者の動向にご注目ください。
よろしくお願いします

 

ワクチン, 日之本元極, 未分類コロナウイルス, 日之本元極

2021年2月4日 天の命によって

新宿の繁華街 歌舞伎町に宿泊しました。

ホテルを探すときに 
「JR新宿東口あたりにとるように」 との指示を受けたので 
「場の悪いところがいいのかな?」と思って
歓楽街のど真ん中 24時間眠らない街・新宿歌舞伎町の

交番の前のホテルに 宿泊予約しました。

増田先生に報告すると 
「どうして!そんな界隈の真ん中に!……」と 絶句。
キャンセル する しない。 と もめましたが

面倒なので 予定通りに宿泊したのです。

2月4日 当日 夕刻過ぎに到着してウロウロと歩いいたら
「どこか?お探しですか?ご案内しましょうか?」と
親切な女性が道案内をしてくれました。
東京で「道案内をしましょうか?」 と 

親切に、声をかけてもらったことは はじめてでした。

「場がい~い」「空気がおいしくて冷たい」「爽やかな風を感じる」
「人が親切!」「街がきれい。ゴミもない」「行き交う人が早足で歩いている」

「食べ物がおいしい」などなど これまでの新宿とは全く違った印象を持ちました。

私の知っている 歓楽街の過去の印象は
「緩くて 生ぬるい感じ」「気が抜けて、やる気がなくなってしまう。」
「考えがまとまらずに、ボーッとする」「辺り一面ゴミが多い」
などなどでした。

ですから、新宿の歌舞伎町の「凜とした空気」に 驚いたのです。

「階ヒト高級講座」の声聞法は、魂の声を聞く功法です。

魂の声を聞くときに、場の四隅に「方々」(ホウボウ)という神様が降りたって、部屋の場を良くしてから 魂の声を聞く作業が始まります。

神の声を聞く作業は、神が降り立って 導いてくださる訳ですから 
「場」が良くなければ 神様が、降り立つことが叶わない。というわけです。
「無形ワクチン・HINOMOTO」を 新宿区の住民の皆さん(33万7千人)に
一斉に実施するという作業は、「場」が良くなければ
神が降りたって働くことが出来ないので 
これまでは本格的に 「無形ワクチン・HINOMOTO」の

作用が発揮されていなかったようなのです。 

さて、事はこれからです。
ようやく「場」が良くなってきたのですから……
今後の感染者情報に どうか ご注目ください。