ブログ, 日之本元極, 日之本元極気功

T様より、その後耳鼻科での受診結果のお知らせが届きました。

*********

医学的にも検証された「聴力の改善」

4月2日 コロナワクチン接種の翌日、突然発症した「聴力の低下」についての経過は、
これまでにご紹介したとおりなのですが、

昨日(4月11日)以前に受診して、検査などをしていただいていた行きつけの耳鼻科に受診してきました。
自覚的には、改善を実感していましたが、医学的な聴力検査や医師の所見などについて
念のため、確認できたら良いなという思いからです。

その結果、
前回の聴力の比較から、難聴は全く確認されませんでした。
耳鳴りも消失して勿論ありません。

また、5日間毎日、遠隔貫頂を受けている期間は、
お腹がぐるぐる鳴ったり、頭の「泥丸」あたりがムズムズしたりしたこともあり、
人体になんらかの作用が来ていると自覚しました。身体は好調です。

血圧の方は朝晩と段差が激しいのですが、
日常生活には支障はありませんので、今後は食生活含めて節制します。

お世話になり、ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。

****(完)****

ブログ, 受講生との会話

メールをいただいた夜に、ご本人に電話が通じまして、細川がお話ししますと、
「あの~ 電話の声が聞き取りにくいのですけれど……」と
御本人がおっしゃったので、携帯のマイクに向かって、
ゆっくり、はっきり、大きな声でお話をしました。

遠隔貫頂の5回券をご購入いただくこととなり、電話を切った翌日の早朝に、以下のようなメールをいただきました。

************
Tさんよりのメール
「耳鳴りが治って!ました」
昨夜はお電話いただきありがとうございました。

実は、昨夜、細川様からお電話をいただいている最中一度「お電話が少し遠いのですが」と察しましたが、通話中細川様の声が水の中から聞こえてくるようなブクブク、プニョプニョと聞きづらい状況が7回以上ありました。

その後 電話後……なんと 左耳の耳鳴りが消えていました。
家人に驚いて話した後、
洗濯籠の私の衣服からなんか燃やした 小さな黒い紙くずの塊が、散乱していてびっくりしました。
勿論私はなにも知りません。その部屋には神棚はありますが……。
朝起きた今 現在もすっきりし耳鳴りは聞こえません。

誠に不思議なことですが、
氣功の達人と会話しただけで病がとれた現象等は見聞されてますが、細川様のお力かと思いますが、なにか高度な霊的なものが干渉してきたみたいです。
まだ高血圧がありますので昨夜お話ししたように回数は5回に変更して遠隔貫頂を宜しくお願い致します。

**********
細川よりのメール

耳の状態が改善したとのこと、嬉しいです。
我々と電話で話すことで、
「元気が出た」「眠れるようになった」「温かくなった」
という声は、これまでにもいただいておりますが
耳の聞こえ方まで改善した。ということは驚きです。

いずれにしても、良かったです。
中国武漢にてお目にかかった道教の道士は、
病気の改善を願ってお札を書き、それを燃やして食べさせて
「病を払いのける」という力をお持ちでした。

古くから、道教ではお札を書いて燃やすことをされているようです。
神様が降りてこられた奇跡だと思います。
今後ともよろしくお願いします。

************
Tさんからのメール

昨夜はありがとうございました。
そうです!護符を燃やしたあとみたいになっていました。
私も古神道や神仙道(道教にかなり類似してますが。)造詣が深くまた研究実践してきましたが、かのような不思議な事はよく日常起こりますが、病での今回みたいの快癒は初めてです。

ありがとうございました。

************
細川より(結び)
功は日常にあります。毎日の修錬を頑張りましょう。
今後の変化が楽しみです。
不思議な出来事も修錬を継続することで成就します。

「継続は力です」

ブログ, 受講生との会話

先日のこと、遠隔貫頂のご依頼がありました。

数年前に入門講座を受講されたこの方は、高山からは、300㌔も離れた地方都市にお住まいです。
お目にかかる機会も少なかったのですが、今年の1月に、精神的に沈んでいらしてお母様に遠隔貫頂のご依頼があり、実施後には驚くほどの改善があったので、今度はご自分の「左耳の不調」について遠隔貫頂をお願いしたいというご依頼です。

詳しい病状の説明(資料1)を読んだ後に、増田老師に相談をして以下のような仮説を持ちました。
・コロナワクチンの接種後に病状が出現したのだから「コロナワクチンの副反応かも知れない」
・耳と腎臓は、影響し合っているから腎臓の機能が弱っているのかも知れない。
・高血圧の原因には、腎機能の低下も考えられる。
腎臓の機能が弱っているから、高血圧なのかも知れないし、高血圧だから腎臓が弱っていて耳の症状 が出ているのかも知れない。
・そもそも、突発性難聴が起きる条件があるのならば、腎臓の気のエネルギーは相当下がっている状態 かも知れない。その時に医療機関で行われたであろう「高濃度ステロイド療法」は、腎臓の気のエネルギーを蝕む結果になっているだろう。

そこで、御本人に電話をして、上記の仮説をお伝えし、
「すぐに改善することは難しいだろうけれど、遠隔施術をしてみましょうか。回数は5回にして、毎日継続して5日間実施してはどうだろうか?」と 細川からご提案することになりました。

*************
【私の症状】(資料1)
①4月2日に3回目のコロナワクチン(ファイザー)を受けた翌朝の日曜日、左耳になにか詰まった感じになりました。やがて左耳に、少し風の圧力がかかったような音のする耳鳴りがし始め、かなり違和感を感じました。
②翌日、耳鼻科に行き医師に診察してもらったところ、聴力検査や機器検査のデータ結果でやはり左耳に部分的に聞きずらい場面があり、メニエール病(目眩のない)疑いがあると診断されました。
また疲れから来ているかもと診断されました。
③過去に,同じ左耳に中耳炎を発症したことがあり、17年程前には、突発性難聴(左耳)にかかりましたが直ぐ医者に行き完治した経緯があります。
④仕事は会社員で順調ですが、最近多忙のためか疲れがたまっていたような氣もします。
⑤2年前からコロナの影響で電車通勤から車通勤となり、片道1時間の運転と、さらに日中も営業のため車の移動ばかりにつき体が硬直したのか、1昨年中頃から高血圧となり、血圧は150前後かそれ以上の血圧が続いています.
⑥その他、特に目立つ病は上記以外ありません。
⑦先の医者から処方された薬を飲んではいますが、一向に今の左耳の異常が治らなく昨日の昼からはより強い耳鳴りが続いています。(耳は聞こえます。)
⑧昨夜は夜中に起きたら右耳に、ザワザワと人の声かラジオのチューニングが混じり合った低い音もしばらく確認しました。今朝は左耳のみツーンと耳鳴りがします。
⑨左耳の異常、そしてこの病状を引き起こしている根本的なものを和らげていただきたいと存じます。また高血圧も気がかりです。

*************

メールをいただいた夜に、ご本人に電話が通じまして、細川がお話ししますと、
「あの~ 電話の声が聞き取りにくいのですけれど……」と
御本人がおっしゃったので、携帯のマイクに向かって、
ゆっくり、はっきり、大きな声でお話をしました。

遠隔貫頂の5回券をご購入いただくこととなり、電話を切った翌日の早朝に、以下のようなメールをいただきました。

************
Tさんよりのメール
「耳鳴りが治って!ました」
昨夜はお電話いただきありがとうございました。

 

ブログ

なぜだか判らないのですが
春分特別講座の頃に

懐中電灯を探して、夜中に持ち歩いていました

それから すでに 数日経過しても
何事も起きませんから、勘違いかも知れません。
それでも、今夜も 寒中電灯を確認しました
電池がないので、交換してみたり
家にある全ての 電池を確認してみたり

寝るときには枕元に 懐中電灯を置いています。

天からの言葉が降ろされた訳ではありませんが
どうしてか? 私の行動が変なのです
変ですが、

皆さんも懐中電灯を ご用意ください

念のため

ブログ, 日之本元極気功, 神様の言葉

先日(2022年3月11日)のこと
飛騨市神岡町大津神社に参拝するように、天から命が降ろされました。
この大津神社が存在する場所の地名は「船津」といいます。

以前に、この神社を訪ねてからすでに5~6年が経過していますので、
「なぜ?この神社に参拝するのでしょうか?その理由を教えてください。」と
命を降ろされた「天」にお尋ねしますと
「すべての「粛正」「粛清」が始まる起点の「日時」であり、その「地」であると導かれました。

以前、この飛騨市神岡町大津神社を訪ねた時に、伝えられていたことをお伝えしますと

地球の誕生する時に、
宇宙から神々が降りたって、船(宇宙船)が到着したところが神岡町の大津神社のあるこの場所です。船を着けたところなので、後々まで言い伝えられて地名は「船津」と名付けられたのです。と伝えられていました。

神岡町や飛騨市、高山市には「船坂」姓の名字が比較的多く、山の中にもかかわらず「船」の地名があるのは、不思議なことです。久々野町には「渚」(なぎさ)という地名もあり、舟が通過するときに命名されのたかも知れません。また、飛騨地方には祝い事の行事として、「宝船」を運んでくる祭りがあります。これは、山に住まいする者たちの海への憧れであると民俗学者は分析しているようですが、起源はもっと深いところにあるのかも知れません。

宇宙から到着した宇宙船は、神岡に留め置かれて、比較的小さな「のりあいぶね」に分散して乗り込んで、位山を目指されたようです。位山の横に「舟山」と命名された山があります。神々はこの「舟山」に、「のりあいぶね」を着けて、位山に向かったのです。という説明を受けました。

位山の前に位置する萩原町の「御前山」には、古代文化の象徴となる古代文字が多数残されていて、多くの研究者が話題としています。この山も「位山の前に位置する山」として「御前山」の名前をいただいたのかも知れません。
飛騨地方は、位山を中心に神々の降り立った最初の「地」として存在した歴史を象徴していると実感しました。

今回、久しぶりに命を受けて再度、大津神社に参拝した意味はきわめて大きく、これまで伝えられてきた様々な導きが、顕界で実現する時が来たことを意味しているようです。

最後に、導いて伝えられたことは、
地球の全ての粛清。粛正が始まるとは、天災、人災を含めて、破壊的な事態が起きて、地球の崩壊をはじめ、世界中が滅びていくことを現わしています。その形示しが、あなたがたの組織「日之本元極」で行われています。そういう役割のある組織であることを肝に銘じて、あなた方も精進することです。

220320 文責 日之本元極 細川明美

ブログ, 日之本元極気功

皆さんこんにちは。今日は、階ム敲門講座1-b「功法有無ム」を行います。
この講座は、皆さんが最初に受ける講座「はじめてカンパイ」の次に受講していただく講座になります。
功法有無というのは、私たちの有形の肉体と、この上に被さっている、見えない気の流れる、無形の肉体とをつなぎ合わせる功法です。気のエネルギーを無形の肉体の方に送ると、有形の肉体にも作用して、有形の肉体が変化することは分かっていたんですが、無形の肉体と有形の肉体が、それぞれつながっていない方も多くて、そのために修錬をしてきたわけですけれど、講座の最初の段階で、有形の肉体と無形の肉体をつなぎ合わせることができれば、これは今後の修錬が宝になってくるような、とても重要な講座です。
そのために、階ム敲門講座1-bを「はじめてカンパイ」の次に受ける、ということを設定しました。
ぜひ、「はじめてカンパイ」の次にこの功法を受講いただけたら、と思います。

 

ブログ, 受講生との会話

受講生の方から嬉しい報告をうけました。
ご紹介いたします。
———–

日之本さとりの法

を受講し帰宅した次男に
「どうだった?頭良くなった?」
と冗談で聞くと
「umh,sorry?
Can you speak English?」

ブログ修練

毎月1回、定期的に打ち合わせをしている方がいます。
仕事を手伝ってくださっている Mさんです。
するどい観察力のMさんは、

1ヶ月ぶりに出会った先日のこと

「あれ?なんだか 変わりましたよね?」
「どうしたんですか?」と質問が飛びました。
私はすかさず、
「きれいになったでしょ!」と 同意を求めたのですが
彼は、笑うばかりで、その話題には触れずに

「どうしたんですか?」と同じ質問を繰り返したので

「いいことがあったの!」と冗談を言って済ませました。
この時、私には最悪な出来事が起きたばかりだったので

気晴らしのために ちょっと きれいに!していたのです。

化粧をしてみたり、服装を気にかけてみたり。
輝くことで、この危機を乗り越えようとしていたのです。
辛い時ほど、どうしようもない出来事が起きた時ほど
元気を出して頑張って、気晴らしによって輝いてみよう。

と考えてのことです。

悲しいので泣いてもみましたが、泣いても気持ちは晴れません。
愚痴を言っても腹立たしいだけです。
沈んだり、落ち込んでいる暇は、ありません。
不満や文句が次々に湧き出てくるタイプなので、内観療法も私には適していました。
内観療法は、日本で発達した数少ない精神療法です。
私は、社会人一年生の時に、上司からはじめての研修場所として
奈良県の「内観道場」に行ったったことがあります。

自分が「~にしてもらったこと」について、見つめて思い出す方法です。

内観療法は http://www.synapse.ne.jp/~sein/T/T80.htm より一部抜粋

(1) 「してもらったこと」について内観をすると今まで自分一人の力で生きてきたつもりでいても、いかに多くの事をしてもらっていたかに気づかされる。それは内観者の対人関係において、大切に育てられ支えられてきた愛情体験の発見につながり、改めて自己の尊厳さを見出し、自己肯定感が得られる。しかし一方では他者にしてもらうことばかりの連続であったことに気づき、自己の依存性の強さや未熟さを自己像として認識させられる。こうして他者中心の知覚の仕方で見ていくと他者像の認知も大きく変化して、他者を共感的・肯定的に受け入れることができるようになる。その時、他者に対して感謝と償いの気持ちを抱かせるまでにいたる。

そして、やっぱり 修練です
我々、修練者は、いつでもどんなときでも
修練をして乗り越えるのが基本ですね。
「遊 歩 功」

物事をすっかり忘れて、サラにして再出発する時には最適です。

元極功法に携わっておられる神々様も応援してくださるので
忘れることに、拍車がかかります。エネルギーによって

元気になりつつ、気持ちを立て直すことが出来ます。

日本人は基本に「何でもかんでも水に流す精神」を持っていますから

邪気を吐き出して、新しく再生してやり直すことができます。

有名な女優の自殺によって 
世の中は「可哀想」「どうして?」の連鎖ですが

どんな状況にあっても 自分を励まして生きるしか道はありません。

死の淵にありながらも 恐怖を感じるのでは無く
無心で修練を続けておられた方々に 思いをはせて
自分の意識を立て直して、新たな気持ちで頑張ります。

マイナス思考からは、マイナスの出来事しか起こりえません

ただいま、気持ちを奮い起こしています。

 

ブログ日之本元極, 気のエネルギー, 神様ありがとう

ようやく、大掃除を始めました

寒いので いい加減に終わるつもりです

そういえば

お年玉の準備を していなかったことに 気がついて

近くの郵便局に 行きました。

「ATMで、金種を指定できるのかなぁ~ ?」

「やり方が判らないけどぉ~」 と

思いながら ATMに到着

故障のため 窓口へ と書かれています。

仕方なく 窓口で相談をしたら、

いとも簡単に 希望の金種が揃いました。

それも新札を 揃えてくださいました。

神様ありがとう!

こんな偶然を 私に与えてくださって!

と 思いました。

こんな風に、

私の生活のすべてを 見てくださって

すてきな偶然を 創ってくださっているのですね

今年一年

事故も無く 元気に過ごせましたこと

ありがとうございました。

ブログたねや茶屋, 向源寺, 天の御中主, 日之本元極, 日牟禮八幡宮, 竹生島, 長浜ビール, 長浜城, 飛騨高山

「どこに行こうか?」 と質問したら

「琵琶湖に行きたい!」 と返事があったので

「そうだ!竹生島に行こう!!」 と 

思い立って計画をしました

ところが

強風のために 波が高くて 

竹生島への船は 連日欠航

その結果

訪れたのは

・彦根城の横の 庭

・長浜市 国宝11面観音 向源寺

・近江八幡市 日牟禮八幡宮

・天の御中主の尊神社

それから

・長浜ビール

・たねやのぜんざい

体調は いつものように 絶不調

頭が痛くて 食欲不振 

たくさんエネルギーを 頂いたおかげさまです。

体調は 自宅に戻ったら

すっかり 元気

気分はすっきり さわやかに

なりました。