12字真言修練, 元極功法

先日のこと
録音教材「智恵の脳天法起術」を使って

帯功をしました。

「自律神経失調証」と診断されている方でした。
帯功が あと5分で終わろうとした時に
過呼吸発作が起きて、とても苦しそうでした
手の指もCO2が過多になって しびれが出ているようで

指先も変形し始めた時に

収功の時が来たので、いつも通りに下丹田に納めてもらいました。
「収功します。」と私が発声した時に、

過呼吸の発作はすべて治まり、静かで深い呼吸に変わりました。

「自律神経失調症」と診断されていても
帯功を静かに受けて、

安静にしているときに過呼吸発作が起きても

「収功します。」の一言で、発作が治まるのですから

元極功法は、素晴らしい功法だと思います。

たとえ、病院では治らないと診断された「病」でも
修練を懸命にすれば、一生懸命さに応えて

結果が届くのだと思います。

自律神経が勝手に働いて 
夜中でも交感神経が 優位に働いて
ドキドキする事があっても
12字真言を唱えて 修練をするならば

回復する可能性が あることが分かりました。

修練をしましょう。
少々、無理をして、懸命に努力してみましょう。

きっと、結果が届きます。

頑張りましょうね。

受講生との会話, 日之本元極修練, 元極功法, 増田先生, 日之本元極

先日、講座を受講された Tさんから
体験談を寄せていただきましたので ご紹介します。
*******
階ヒト講座Ⅰ 理論を受講しました。

増田先生が教えてくださいました。

講義の時に、増田先生が
「天地に繋がって場を創ります。」とおっしゃって
「場」を創り始められた 途端

私は、70㎝ほど 離れた場所に座っていたのですが

「圧!」がかかって「空気に押される」という体感をしました。
増田先生が、天地に繋がった場所に 「立ってみて」
とおっしゃたので その「場」の中に入ろうとしたら

「圧!」があってヨロけてしまったんです。

そのことを老師に伝えたら 
「あなたは修練が足りない」と言われました。
私は「その通りだなぁ~」と思って 思わず自分で大笑いしたら

笑い事じゃないよ!」と たしなめられました。

なぜ笑い事じゃないのか、増田先生の体験談を聞いて、納得。
私は、その後に「生言霊」を受けたのですが、絶不調となりました。
大笑いしたバチが当たった(?)とか 思ってしまいました。
昨日は、いろいろと
増田先生の凄さ(面白さ)を体感できた日でした。
つづく

12字真言, 日之本元極修練, 元極功法, 日之本元極, 邪気

増田先生から

ある修練者に ご指導がありました。
日常的に 修練量が確保 出来ているにもかかわらず

修練の成果が 十分に届かないように感じるので

念訣をしっかりと 唱えるように というご指導です

Nさんへ
増田先生からの お便りです。

**********

3点感じるところがありますので、対処してください。
1 元極が圧倒的な効果を現すのは、訣を念じることにあります。
  あなたからはあまり 訣の響きが伝わってきません。

  よって癖になるまで、毎日 

   歯を磨いている時
   ものを食べている時
   話している時

   考えている時

  などを除いて、小さな声を出して12字真言を唱えなさい。
  1日可能な限り24時間に近付けるように努力します。
  もちろん まわりの人々に 気付かれない程度で 構いません。
2 他の あまり良くない響きが 頻繁に伝わってきます。
  それが体調にも 悪い影響を与えていると思います。
  自分の生活を顧みて 原因を突き止め、
  悪い響きを出さないように 心がけてください。
3 「邪魔末濁神霊符」を身につけて 
  悪いモノから 心身を防御するようにしてください。
  仕事から来る邪気や「2の悪い響き」の邪気から守ってくれます。
********
     
さて、皆さんの生活の中に、悪い響きは存在していますか?
それとも 12字真言を しっかりと 唱えているので
悪い響きは、ありませんか?

ご自分の生活の すべてを見直してみてください。

修練 念訣 頑張りましょう!

12字真言, 日之本元極24節気, 元極功法, 増田先生

気功教室 日之本元極の 
修練の根幹は「12字真言」を念訣することにあります。
階ヒト入門講座を受講したのち 静功(静かに念訣をする功法)を学んだら

「12字真言」を繰り返し唱えることで 雑念を一掃する修練をします。

この静功は、元極功法八百数十年の歴史の中で 長く引き継がれてきた修練方法です。できるだけ長い時間継続することによって 修練効果が上がるのです。

ある時、増田先生は

2時間の 節気の静功会を担当されました。
その静功会に参加した 余りにも未熟な修練者たちの 
静功がうまく出来ない現実を 目の当たりにして

驚くと同時に 大層嘆いて とても残念に思われたのです。

身体を正しく保てなくて 姿勢が悪くなってしまったり
眠ってしまって コックリコックリを繰り返したり

念訣に集中できずに 体や手足をゴゾゴゾと動かしたり

あまりにも未熟な事態に
2時間の予定の修練時間を 30分で切り上げて
後の時間は 静功の修練について 修練者を叱りつつ

静功の奥義を 伝授してくださいました。

ただただ、叱っただけではなく この現状をなんとか打破して
誰でもが「静功」の修練が出来るように 手助けしてあげたい。 
という 優しい願いを出発点にして

考案してくださったのが、以下の念訣です。

正身滅無明 (せいしんめつ むみょう)
念訣聴音  (ねんけつちょうおん)

雑念掃清  (ざつねんそうせい)

この念訣を繰り返すならば
姿勢を正して、無明を滅することはすべての修練の基本となり
念訣を静功の念訣と 12字真言を繰り返すことによって

念訣を聴いて繰り返し 悪しき雑念を掃清することができる

さらに、精神の集中度が向上して「静功」がうまく出来るようになる
そんな願いが 込められた念訣です。
この念訣を静功の録音教材の中に、収録してくださってからは
多くの修練者たちは、次第に修練がたやすく出来るようになって
今では、2時間の修練を難なくこなせるようになってきました。 

ほとんど動かず、集中して 静かに修練できるようになったのです。

「12字真言」の念訣は、宇宙に響く念訣です

宇宙からエネルギーが届いて 雑念を掃清する力が働きます。

今日一日の雑念を払い 空っぽの気持ちになって

新しい気持ちで 一時一時を 生きることを可能にする念訣です。

皆さんも 「12字真言」の念訣をお続けください

 

日之本元極元極功法, 日之本元極, 気のエネルギー, 立夏特別講座、

ただいまは 

立夏特別講座を 飛騨高山にて開催中です。

気温も30度近く上がっているのですが

エネルギーも 半端ない暑さです。

暑さだけではなくて、良いエネルギーが体に補給されると

悪いモノ(邪気・濁気・末性)を体から排泄することとなり

その排泄量のすさまじいこと

暑い暑いと汗をかきながら、同時にお腹からも邪気を排泄することとなり

邪気が出るときには、寒々として寒いので

暑いと言いながら 同時に寒い😨 という奇妙な現象の中にいます。

日之本元極の功法は、

時の経過とともに、バージョンがどんどん上がっていく功法です。

すでに、現在と昨年では、全く別物と言っても良いほどの変化が起こっています。

どうぞ、高山にお越しくださって

特別講座のすごさを実感ください。

 

日之本元極コロナウイルス, コロナウイルス予防, コロナウイルス感染, ワクチン, 元極功法, 免疫不全, 気功教室, 遠隔施術, 飛騨高山

2月に「無形ワクチン・コロナイン」を販売開始した当初は

「無形のワクチン」なのだから、感染した後には

効力を発揮しません。 と

お伝えしました。

ところが、

すでに 感染して、激しく症状が出ている方からの 

お問い合わせがありました。

濃厚接触者だったので、様子を見ていたという方です。

しかも、肺の炎症は、肺全体に及んでいます。

39度以上の高熱が出ていて、

肺だけでは無く、腎臓のエネルギーも枯渇していました。

極めて重症度の高い方でしたので、

お断りするわけにも行かず、

天の指示を伺いましたら

「我々には、時間に枠がありません」 と 答えられました。

つまり、この施術「無形ワクチン・コロナイン」は

時間を遡って、実施することも可能であることがわかりました。

よくよく考えてみれば、

我々の常識では、とうてい解決できないことも

神の世界では、解決が可能なわけです。

もちろん、神々が協力くだされば・・・・という仮定の話です。

そこで、

遠隔施術にて「気絶神倉法」と「無形ワクチン・コロナイン」を

お届けすることになりました。

3日間ほどは、やきもきするような

気の抜けない緊張した状態でしたが

その後、徐々に回復されたのです。

しかも、気がかりだった

味覚異常や臭覚障害の後遺症もありません。

体調も「以前より元気かも?」 という冗談が出るほど

お元気になられました。

ですから、大きな おおきな 訂正と変更です

「無形ワクチン・コロナイン」は

感染の予防のためにも

感染後の回復のためにも

感染後の不安定な免疫力の回復のためにも

役立つ施術です

日之本元極コロナウイルス, コロナウイルス感染症, ワクチン, ワクチン接種, 元極功法, 日之本元極, 気功教室, 爆発的, 飛騨高山

今後 6月15日ごろなると 

感染は爆発的になります。
それまで、

感染はだらだらと増え続けていきますが

もう、その頃には、

我慢の限界を超えて、人々は外に出たくなってきて
感染が爆発的に、増え始めます

その爆発的な感染は一ヶ月ほど 続いて 

やがて山場を超えることになります。

そうなる前に 

資力、 資材をためて 備蓄しておきなさい。
すべてのものが品薄になります。
生活用品の すべてが品薄になり 

生活がしにくい状態になります。

そうなる前に、

食料や生活用品のすべてを 備蓄しておきなさい

その頃になると
コロナウイルスは性質を変えて 

もっと 殺傷力のあるウイルスになることでしょう。
6%をこえて 7~8% 程度の

死亡率になることでしょう。

外国でも、ピークを過ぎてもなお、感染は継続していきます。

人々には経済的な問題も起きて 疲弊していきます。
この一年間、経済的にも困難を極めます

すべてが悪化していきます

あなた方の功法への信頼は、

徐々に世の中に知れ渡っていきますが、

6月ごろになると爆発的な感染によって、

人々はうろたえていきます。

感染は一時的には、減少するように見えて 

急激なのカーブを得て上昇していきます。

感染爆発が起きる前に、
そうなる前に、

すべての準備を整えておいてください。

日之本元極コロナウイルス, ワクチン接種, 元極功法, 接種, 日之本元極, 気のエネルギー, 気功教室, 無形, 飛騨高山

敏感な修練者から ご質問がありました。

私は,2ヶ月前に

「無形ワクチン・コロナイン」を受けました。

その時に 鼻水と喉の痛みを自覚したので

これが 「無形ワクチン・コロナイン」 なんだ!

私には 確かに 増田先生が遠隔施術された

「無形のワクチン」が届いたんだぁ~ 

と 嬉しかったのです。

鼻水と喉の痛みは、すぐに消えて

翌日には、 何事も無かったように

当たり前のように 仕事をこなしていました。

ところが、その後にも 2度ほど

ワクチンが届いた時と

同じような 症状を感じたのです

これは、もしかして

二度、三度と ワクチンが接種されている

ということなのですか?

というご質問です 

***********

私にも同じ体験があります。

確かに 遠隔でワクチンが

届いた自覚症状がありました。

1度目の接種の時です。

その後も 2度 3度と同じ症状を実感したのは

1週間~2週間程度の 期間をおいてのことです。

そこで、神様に お尋ねしました。

何度も無形ワクチンを接種するのですか? と  

すると 天からの導きの声が 聞こえました *****

赤い文字は 神様から降ろされた言葉です

現在流行している コロナウイルスは

今後は 変異を 幾度となく繰り返します。

少しずつ 形を変えて 変異する性格があります

人から人へ 感染を繰り返している 間に

ほんの少し ずつ 変異するのです。

ですから 「無形ワクチン・コロナイン」は

今後、未来に変異するであろう ウイルスにも

対応する仕組みです。

つまり1度の「無形ワクチン・コロナイン」の接種によって

未来にも対応できる ということです。

時間の枠を超えた 「無形のワクチン」だから

可能になったわけです。

まさに神業ですね

現在・過去・未来 の時間の枠を超えて

効力を発揮することになります。

不思議です。 緑の文字はババタヌキ

日之本元極コロナウイルス, コロナウイルス予防, ワクチン, 元極功法, 日之本元極, 気のエネルギー, 気功教室, 無形, 飛騨高山

「無形ワクチン・コロナイン」 が 大好評です。

修練者ご本人から ご家族へ 知り合いへ

次から次に 拡がっています。

まったく、はじめての方でも 大丈夫。

今のところは 

「鼻水」「喉の痛み」「少々の発熱」などなど

軽い副反応の症状がありました。 という 

連絡がある程度です。 

ほとんどの方は

副反応など 解らないことが多いようです。

ただし、この無形の肉体に 働きかける「ワクチン」の

効果があった! という報告は 一例もありません。

同時に、効果が無かった!

という 報告も一例もありません。

「効果があるのですか?」 と 問われた時には

いつも 「わかりません」 と 答えています。

にもかかわらず ワクチンのご依頼が次々にあります。

修練者の皆さんは 口をそろえておっしゃいます。

私たちは ワクチンしとる でな!

心配せんでも ええんゃ~ けど

ワクチンを しとらん人は 

そりゃ~ 感染が心配やわなぁ~

気の毒なこっちゃ~ なぁ~

と まるで人ごとのように おっしゃって

すっかり 安心しておられます。

私も コロナウイルスに 

感染することは 絶対に 無い!と 

信じて疑わずに 確信しています。

この 安心感に有形の 根拠はありませんけれど

毎日のニュースを 人ごとだと 傍観しておれる

ゆとりは 

天から降ろされた

「無形ワクチン・コロナイン」の おかげです。

日之本元極の功法の おかげです。

日之本元極コロナウイルス, ワクチン, 元極功法, 免疫不全, 日之本元極, 気功教室, 疫病, 飛騨高山

昨年の 3月11日に 私が書いたブログです。

私には、日常的に 天から言葉が降ろされていますので

自覚して 天の言葉として

受け取っていることもありますが

なんとなく そう思っている とか

~ しなければいけない。 

どうしても ~ したい。

というように 私自身も 自覚できないまま 

天からの指示に 従っていることもあります。

さて、昨年のブログですが

4月からの新学期

いったい? どんな風に?

始まるのだろう と

書いていますけれど

これは このまま 

今 現在に通じているのだと

ふと 思いました

コロナウイルス感染症の 拡がりを受けて

世の中は 閑散としています

駅にも 道路にも お店にも 観光地にも

列車の中も 新幹線の中も

人が まばらにしか いないのです。

町中にいる

ほとんどの人が マスクをしていて 

その表情が見えませんけれど

楽しそうな 嬉しそうな

弾んだ気持ちで いる人が少ないと感じます。

とうとう 実際に 

とうとう この顕界に

あめが 

降り始めて きたのかもしれません