気絶神倉法修練, 増田先生, 邪気

修練者のYさんから、高齢のお父様の変化について

お便りをいただきましたので、ご紹介します。

***************

実家の両親は、高齢ながら夫婦二人で

助け合って、元気に生活しています。

特に、父親は90歳を超えても 視力も良くて
頑固ながら気力もあり、車の運転を続けています。
大きな事故は 今のところないのですが、
交通事故のことが、心配で仕方が無いので
「運転を止めるように」と説得をしても

絶対に止めようとしません。

そこで、何かよい方法はないものかと思い

増田先生にご相談をしたところ

家の場を良くする「場作りセット」を設置することと
「気絶神倉法」を実施して、頑固な心をほぐしてみてはどうでしょう?

と ご提案くださいました。

これまでにも、増田先生から、
ご提案いただいたことを 信じてその通りに実施してみると
思った通りの 良い結果となったことが多々ありましたので
すぐに「場創リセット」の設置をして

「気絶神倉法」を父親にお願いしたのです。

ところが、父親の頑固さもたいしたモノで
すぐには 運転を止めるようにはならず

しばらくは、もやもやと我慢の日々が続きました。

施術開始から 一ヶ月ほどたった 先日のこと

びっくりするような 出来事が起きたのです。

40年ほどもの間、想い出のカケラ(衣類や趣味のものなど)を
大事に大事に仕舞いこんで 何一つ処分できなくて
物置と化して ゴミ置き場のようになっていた部屋を 

父親がきれいにかたづけてくれたのです。

おまけに、ホコリがたまり、汚れがたまりに溜まっていた
部屋の隅々まで きれいに掃除されています。
窓ガラスも きれいに磨いて、カーテンまでも!
新しいモノに変えてありました。
(ちょっと趣味は違うのですけれど……<(_ _)>)
これまでにも、何度も何度も 処分したいと伝えたにもかかわらず
頑固な気持ちは、かたくなに動かなかったのです。
「生きているうちは無理無理!」と諦めていたのです。

本当に、びっくりしました。不思議で 不思議で仕方がありません。

増田先生が、おっしゃっていた「心をほぐす施術」(気絶神倉法)は
古いモノへの執着を捨てるために「心」をほぐす 

長年の垢を捨て去るように「心」をほぐす 施術だったと納得しました。

日之本元極の功法は
人の身体が、変化して元気になっていく功法だということは
私自身の体験として 身をもって体感していることですが
人の「心」も変えることができる功法なんだ 
ということも分かりました。
今日も 階ヒト動功「めぐりみ・めぐりき」の修練をしたところ
途中で、身体がド~ンと重たくなって
「もう止めたい」「早く終わりたい」という
気持ちに捕らわれたのですが、
修練が終わってみると スッキリと爽快 さわやかな気分になります。
その結果 何に対しても「頑張ろう」という 

前向きなやる気が出てきます。

本当に 不思議な変化が 私にも家族にも起きています。
理解できないことだらけですが、
これからも 修練を続けていこうと思っています。

 

12字真言, 受講生との会話, 気絶神倉法

一ヶ月ほど前のこと

ご家族で修練をなさっている Aさんから、

お知り合いの方を ご紹介いただきました。

大変重篤な病状のため 生命に関わる危機の時だったそうです。

千キロほども離れた 病院に入院されているMさんに

増田先生によって「気絶神倉法」(遠隔施術)の施術が開始されました。

とても緊急度が高くて、難しい病状だったことから 

増田先生から私に 珍しい指示がありました。

【「12字真言」を唱えるように伝えて! 】

ご本人が入院されている病院は、

コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、面会が禁止されていました。

唯一、携帯電話での会話が許可されているとのことで

奥様から ご本人のMさんに 伝言していただくという方法で

「12字真言」の唱え方 響きを携帯電話を片手に

発声しながらお知らせしました。

入門講座を受講していない方に、

「12字真言」の重要な意味が伝わるのだろうか?

この響きの深い意味が伝わるのだろうか?

とも思いましたけれど「命の危機が迫っている」こともあり

「諦めないで!唱え続けてください。」と 伝言したんです。

それから、早くも一ヶ月が過ぎた 本日

優しくておっとりとした声の 奥様から連絡をいただきました。

ご主人は、安心できない緊張状態は続いているものの

立ち上がるリハビリを始めるほどに 回復しつつあること

気持ちはとても前向きで「きっと治るから大丈夫だよ」と 

大きな声ではっきりと ご本人がおっしゃっていること

周りの環境も退院に向けて整い始めていること等など

嬉しそうに伝えていただきました。 さらに…… 

ここからは 奥様からお話しいただいた要旨です

***************

12字真言を自宅の仏壇の前で 唱えましたら

「宇宙と繋がった!」と 思う瞬間がありました。

これまでにも お経等を唱えることを 長くしてきましたが

これほど 響きを実感できて 宇宙と繋がって唱えることが出来る

「真言」に出会えたことに、驚きながら感謝しています。

この12字真言は、簡単で誰にでも唱えることが出来て

それでいて 奥が深くて、宇宙の中にいる自分の存在を実感できる言葉です。

私は、これまで お経などを唱えることで 

家族が 良いところに行けることを願ってきました。

この12字真言

「ム ヒト フタ ミ ヨ イツ ムユ ナナ ヤ ココ タリ ウ 」

そういう願いを叶えてくれる真言だと感じます。

これまでの どんな「お唱え」よりも 

気持ちが安らぎます。それでいて力強くて

後悔すること無く、前向きに進んでいく

明るい希望のエネルギーがあります。

宇宙に繋がって 唱えている感じがします。

すばらしい真言を 教えていただいてありがとうございます。

日之本元極とご縁をいただいたことで、時間が早く流れます

時の流れが、どんどん 良い方向に流れていることが

不思議で不思議でたまりません。

今後とも よろしくお願いします。

高山に行けるように 気持ちをしっかりと持って、

12字真言の「お唱え」をがんばります。

 

 

 

 

 

気絶神倉法増田先生, 抗不安剤, 日之本元極, 気のエネルギー, 気功教室, 気功法, 頓服薬, 飛騨高山, 鬱の症状, 鬱病

鬱病で 苦しんでおられるNさんに

増田先生が遠隔施術

「気絶神倉法」のエネルギーを送っておられます。

膨大なエネルギーが Nさんに 届き続けています

私はNさんに、毎日定時に

短時間でも電話をかける約束をしました。

どうしてかというと

私が電話を掛けると エネルギーが

私から Nさんに届くからです。

Nさんは、これまでにも

夜中に電話がかかってきて

何事かな? と 驚いていると

「大丈夫なんですけれど、

 ちょっと エネルギーを頂きたくて 電話したんです」 

と おっしゃいます。

それで、少々 身体の調子などを聞いていると

途中で 「あぁ~ ありがとうございます~」

これで、十分に エネルギーが充足されました

ありがとうございました

と 電話が切れるのです。

電話で エネルギーが届くのならば

毎日 電話して 

エネルギーを届けていこうと考えたのです。

それほど 重篤な鬱の症状でした

抗不安剤の 頓服薬を繰り返し飲んだり

睡眠導入剤や 睡眠薬を飲み続けたり

鬱病の SSRIなども 当たり前に飲んだり

精神医療に どっぷり浸かっている

闘病生活でした。

さて、ここから どう励まして

薬と さようならできるのか

考えて考えて たどり着いたのが

電話 毎日 作戦です。

気絶神倉法修練, 日之本元極, 気のエネルギー, 気功, 気功教室, 気功法, 癌細胞, 飛騨高山

遠隔で行う施術です。

24時間 休み無く エネルギーを届けます。

2週間が 施術期間の単位です

その方の 病状を見極めて 最善の状態になるような

エネルギーを 届けます。

主に 無形の肉体に届きます。

無形の肉体の 気のエネルギーを調整することで

無形の肉体と 有形の肉体が 連動し合って 影響し合い

ご自身の肉体が 変化していく原理です。

しかし、この原理は 判るようで 判らないので

「神がかり」な施術でもあります。

神に委ねて 最善を尽くす 施術とも言えます。

そういう不思議な事情があるので

信頼関係が 基本にあることが

施術開始の条件になります。

実際に お目にかかって

信頼いただけたならば 施術が開始できる

不思議な 施術です

新宮修練者に 毎日のように 来ておられる

修練者のMさんは 時々 気絶神倉法を

受けられることがあります。

いろんな出来事がおきて 疲れたときに

遠隔で エネルギーを 受け取ると

すぐさま 身体が元気になり

気持ちが充実して 

疲れが吹き飛んでしまうのだそうです。

この施術は(気を失って)「気絶する」のですか? 

というご質問を受けます。

すこし言葉の意味が違うのですが

たとえば 「癌細胞」 の気を絶ってしまうと

癌は大きくは なれません。

たとえば、寄生虫、アニサキスなどの

気を絶ってしまうと 

悪事を働く虫たちは 死んでしまいます

ウイルスだって 同じ事です

気を絶つことで 有効な事もありますね。

つづく